2006年02月28日

潜在意識

友人Y氏と話している時に潜在意識の話になった。人類全て潜在意識の下で繋がっているといわれている。必要な人に出会い、必要な出来事に遭遇し、偶然が全て必然で起こっていると考えるといま友達でいてくれる人たちに心から感謝したいとおもう。

確か中学生のとき、ジョン・レノンの「woman」がBGMで流れ、TVのスクリーンではオノ・ヨーコとショーン・レノンがキャッチボールをしているコマーシャルが好きだった。
「この人ともう二度と会えないと思うと、自然に声をかける勇気が出てきます」というヨーコさんのナレーションをはじめて聞いた時、息が止まるほどの感動を覚えた。「もう二度と会えない」ということは、中学生の私には未知の世界だったが、たぶんDNAのどこかにいつかその経験をするという予知能力があったのかもしれない。

自称「インターナショナル・ジプシー」をすると、沢山の友人がそれぞれの国で出来て、引越しもろもろでご縁が自然となくなり、また新しい土地で生活を始めて、新しい友人が出来て。。。。その中でご縁が続く人たちはどのくらいだろうか。

また、バス停で出会った人、銀行で目が合って笑顔を交換した人。一瞬でも私はその人たちと時間や空間を共有できて幸せだと感じる人も沢山いる。

「人生には全て偶然はない」という考え方が好きだ。
posted by 高津文美子 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

パーティーのお誘い

紙.jpg

と、いきなり私事ですが。。。

3月3日共著で主婦の友よりヨガの本が出版されます(上の写真参考!本の表紙です。私のすごい顔が映っているので嫁に行くのがまた遅れそうですが?)それに伴ってささやかな出版記念件お楽しみパーティーを行おうと思っています。お時間がありましたら、いらっしゃいませんか?だれでも参加大歓迎!お友達を誘っていただいてもOKです。


*******************

場所:和風イタリアン創作料理「ねこのしっぽ」(行きかた、場所は下を参考にしてくだ
さい)

(なかなか美味しいところです)

日時:3月4日(土)5時50分から最後まで?!?!

会費:3500円(税込み。飲み放題です)


出欠のお返事は出来ましたら3月2日までにいただければと思います。fumikotakatsu@hotmail.com

和風イタリアン創作料理 ねこのしっぽ

お店の詳細ページ:
⇒ねこのしっぽ

お店の地図のURL:
⇒地図

人気blogランキングに参加中です!
ここを押してください⇒ banner_03.gif


posted by 高津文美子 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

想いの伝え方

今日は福岡滞在最後の日。両親と最後の夕食を楽しく食べていたのだけど、最後になって悲しくなった。普通は長くても3日位の滞在だけれど、今回は私の昔のおもちゃ等の片付けがあったし、ジプシー娘が「せめての親孝行」と思って長めに滞在したのが最終日でおじゃん。

両親が私を想って話してくれたことにものすごく「カチン」と来て過剰に反応してしまった。
誰でもそうと思うけど「それを言ってくれるなよぉ〜」というボタンがあって、それを押されるといきなり感情が溢れ出てくるのだろう。その「ボタン」をホンのちょっぴり押された私はドッキャーン!話しながら自分の顔が変わってくるのも感じたし、顔色が変わったのも感じた。昔からなんだけど、親の前でいい子をしてきた私は、親から「ボタン」を押されるとはじめは反応するのだけど、その後感情を遮断してしまう。防火の為の鉄の分厚い扉のようなものが現れて、私の感情をガシャーン、と閉じてしまうのだ。その後何を言われても感情が反発する。表向きは仏頂面。でも、実は涙腺ゆるゆる、涙うるうる。

親が私の事を考えて話してくれているのは百も承知。私を傷つけるつもりで言っているわけでもない。他の人が聞いても別になんとも思わない事だろうとも思う。反応した私自身がそれに、実に敏感になってるわけだからさ。

話をした後に、父親がお風呂に入り、出てきたら「ちょっときついことを言ったかもしれないとけど、ごめんね」といってくれた。おいおい、親父、余計に辛いじゃん!涙が出そうになったけど、気付かれないように「そんなことないよ」とクールによそよそしい自分にちょっとがっかり。本当はにこっと笑ってハグなんかしたいけど、そんな時に私の頭の中では「文化の違い」がものすごいスピードで駆け巡っている。日本の親子ってそんな時どうするんだっけ、、、とか。。。。映画のようにはいかないね。

言葉って難しい。コミュニケーションって難しい。受け取る側の想いによって、どうにでも解釈できる。今の私に必要なのは、お風呂と睡眠かな?あと、前にも書いたけど、よくやるのが親が若かった頃、そして、親が子供だった頃、そして、親が赤ちゃんだった頃。。。。イメージすると結構気分が落ち着く。

明日は心からの笑顔でしばしのお別れをしたい。次に会うのはいつだっけ???
posted by 高津文美子 at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

タイムトリップ

先ほど由布院より帰宅。親の山の家があるので母親と二人で2泊3日で行ったのだが、今回の旅の目的の一つが、私の荷物の片付け。それもこの世に生を受けてから大学を出るまでのありとあらゆるもの。懐かしい!おもちゃは勿論のこと、幼稚園に入る前に書いた落書き、いろいろな手紙、小学校の作文、小学校、中学、高校の友達からの卒業の時に書いてもらったサイン帳。今回は全てに目を通す時間はなかったのだが、ぱらぱらとページをめくっていって、唖然とした!昔やりたい、と思っていたことはほとんど今やっていた。そして願いはほとんど叶っていたのだ!まじ、うそでしょ????

多くの成功哲学者が言うように「夢を書け!」というのはまったくその通りだと思った。イチローが、「将来はプロ野球の選手になって。。。。契約金は一億で。。。」なんて小学校の時に作文で書いたそうだが、書くという動作に対して改めて畏敬の念を、宇宙の力を、感じた。
明日、もう一度自分像を描きたいと思った。10年後に、20年後に、そしてこの人生が終わる時に、「ああ、楽しい人生だったなあ!」と笑って完全燃焼したい。遣り残しは感じたくない。心からそう思った。

2月22日は数秘術で言うと大きな意味がある日。もう一度自分を見直すには最高の日だったのかも知れない。



人気blogランキングに参加中です!
ここを押してください⇒ banner_03.gif




posted by 高津文美子 at 01:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

極端な生活

ぜえ、ぜえ、ひとまず抱えていた仕事が一段落。私は極端にメリハリがついた生活が好きだから、結構何かをする時にはとにかく集中する。その集中力だけは凄いと自分でも思う。気がついたら何時間も飲まず食わず動かずに集中できるのだけど、その後にはじけて遊ぶことの楽しさがたまらない。精神的にも、肉体的にも究極まで追い込めるのって好き。

週末は友人たちと元実家のあった大宰府でとろけるようなのんびりした時間を過ごしたのだけども、天気も最高によく、満足だった。

その一人からもらった私の性格判断の紙をみて、納得するところがありびっくり。私は極限状態になると「死に物狂い」になり、その場で独自のやり方を切り開くらしい。しかも、トラブルや困難をきっかけに活躍の場を広げるとか。。。。いそがしくなっても、超人的なスケジュールをこなすらしい。うんうん、当たってる。でも、自分の気持ちの変化に正直だからある日突然「やっぱりマイペースで行こう!」とふっと決めるそうな。

滝行にしてもそうだけど、身体を極限に持っていくのって気持ちがいいとおもう。

不思議なことに、忙しい時こそ意外と物事が進む。友人いわく、「エネルギーが回ってる状態だから、どんどん同じようなスピードのエネルギーをひきつけているんじゃない?」と。ただ、以前に超人的に急がしかった時期、生きるか死ぬかの大きな交通事故にあってしまい、身体が動かなくなってしまった経験がある。あれは、宇宙から「ちょっと、休憩しなさい」というメッセージだったのかしらと思う。

やっぱりこれからはもう少しバランスを持って生きていこうかな
posted by 高津文美子 at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

休息

一昨日から実家のある福岡にやってきました。仕事、ちょっと休息、そして親孝行をかねての旅行です。

休息といえば。。。

アメリカの友人たちの間でちょっとはやっているサイト。。。。仕事中に開いてみたらあまりにものリラックスエネルギーに目が回りよろめきそうで、仕事にならず、すぐにサイトを閉じてしまいましたが、のんびりしたい時など、かなりのお勧めです。

http://www.ashesandsnow.org/

Click on the Portfolio link.
posted by 高津文美子 at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

自己を知る

ここ数日、「自己を知る」という課題を改めて与えられたかのように、いろいろな場面で考えさせられることがある。2日前に友人と食事中、アルコールもちょっと回りいい気分の時に「ところで、ふみこさんが人生に求めているものってなんなの?何やって行きたいの?」と、彼。私は勿論、ありとあらゆるそれらしいことを挙げてみたけど、なんか説得力もいまひとつ。理由は、「やりたいことがありすぎる!」。。。。。一気に酔いも醒めてしまった。

私は興味があることは何でもやってきたし、これからもやっていくと思う。「石橋を叩いて渡る」どころか、「石橋に気がつかなくて飛び越える」タイプ。ふっと後を振り返ると、「へえ、こんなことろに石橋があったんだ!」と気がつくのだ。だから振り返ってみると、「よくぞまあ、これまでやってこれたわ」というくらいのピンチ,危機が何度もあったけど、本人はピンチと思ってなかった。

私のやっている数秘術では、(誕生日、名前をアルファベットに置き換えて人生の流れを見ていく学問です)私は今年は2の年。この年は去年の1の年、「何でも新しいもの、興味あるものをやってみる」という開拓の年と違い、「細部に目を届かせ、畑を耕す時期」なので、去年種をまいたもののお世話をする年。まさにその通り。で、昨日別の友人から「今年は取捨選択をして実行することで全てが加速する」とのこと。いままで興味があることに足を突っ込んでいた私もその時期が来ている、と改めて実感。

今まで、長いことつけてる日記には「叶えたいこと」をいつもほぼ毎日書き出していた。そして時々これを読み返してみると恐ろしいほどほとんどの項目が叶っている。最近これをやっていなかったのだが、「いやあ、全て叶っちゃうから、結構慎重に書こうと思うとかけなくなっているの」などといっていたのだか、ふとこの数日間の一連の出来事で思ったことは「私は今何を選びたいのか悩んでいる」ということ。だから書けなくなってしまったのだ。

私はこの今の時期、自分の気持ちを真正面から見据えていきたいと思う。選択肢があることに感謝をしながら、絶対に朝の来ない夜はないように、きっと一つのものを選んでいけると自分を信じたい。

人気blogランキングに参加中です!ここを押してください⇒ banner_03.gif
posted by 高津文美子 at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

週末の悟り

今週末は久しぶりに友人Kと過ごしたんだけど、私とKとの大きな違いに改めて気がついた。
私はじっとしているのがとても苦手で、例えば、テレビを見ていてもストレッチしていたり、筋トレしていたり、何か身体を動かしている。そして、常に「あれしよう、これしよう」と頭の中が動いているんだけど、この友人はまったく反対。「のんびりお昼寝が趣味」なんていってるから、私は「もったいないない!何かしようよ!」とけしかけてしまったけど、よーく考えたら、私って今を生きてないんだよね。。。。

ずっと昔、結構人生の事を考えたり、過去を考えたりする時期があって、その頃は、例えば朝6時に起きる予定が8時に起きたりすると凄くショックで、夕方日が沈むことにカラスがカアカアいって時計が4時なんて指してたら、「わあ、朝6時に起きていたらまだ2時なのに。。。!」なんてしょうがない計算をしてたっけ。そういう罪悪感につぶされそうになるのが嫌で、ぶっ飛びの前向きに努力して(?)なった気がするけど、今度は常に意識が前にあって、「今、この瞬間」を楽しむのが苦手になっちゃった、と今週末改めて気がついた。私がヨガをやっている理由は、その瞬間は身体に意識を集中しているからかもしれない。ジョギングのときは音楽聴いているし。。

ふと、周りをみて、結構ヨガにはまっている人って、動物占いで言うと「チーター」が多いんだよね。マドンナもそうだし。チーターの友人に共通しているのは、「肉好き、行動範囲が広い、行動が早い、前向き、しゃべるのが早い、超楽観主義、(ついでに)男好き。。」たぶんヨガで精神落ち着けないと、トンでもなく走り続けるのかもね。

なかなか自分を知るって奥深いなあ、って改めて思った。
posted by 高津文美子 at 11:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

怠け者の1日

日本に帰ってきてからほとんど寝てなかった。昨日は完全に徹夜。ランナーズハイではないけど「徹夜ハイ」になって、異常に元気になってしまった。と思いきや、今日は1日まったく何もする気はなく、ただ1日ボーっとしてた。ジョギングとヨガはしたけど、あとはただボーっとするだけ。以前の私は、非生産的な一日を過ごすと罪悪感を感じていた。でも、今日は身体が必要としてるな、って感じたし、ま、いいやととことん怠け者に徹した。寝すぎてちょっと頭と身体が重い気がするけど。。。。

で、こんな日はお風呂が最高のリラクゼーションスペース。私はほとんど毎日ロウソクでお風呂に入るんだけど、窓の外から見える光とロウソクが凄く幻想的で、写真にとって見たらもっと素敵になった。1日何にもしなくてちょっと、人生無駄にした気がしたけど、最後にいいことあったし、いいや。明日からまた新しい1日だもん。しかも、オリンピックが始まるし。。。bathroom (2).jpg
posted by 高津文美子 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

帰国

日本に先ほど無事到着!さ、む、い。。。。
弟夫婦と暖かいなべを食べ、納豆を食べてすっかり日本を味わいました。
今からお風呂にはいろっと!
posted by 高津文美子 at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

4歳のレディーキラー

今日はベッドからコンピューターの前にまた直行してしまった。ルームメメイトも朝からいなかったので、つい、パジャマを着たまま仕事開始。

しばらくしたら、友達家族が立ち寄りに来た。自分の情けない姿に、無視しちゃおうか、と思ったけど「ま、いいや」とパジャマのまま、対応。4歳と一ヶ月しかたってない、そこのうちの息子が、それはそれは、口が発達していているんだけど、一言「フミコ、なんでパジャマ着てるの?」げげ、おぬし、やるな。またもや見抜かれたか。上にカーデガン引っ掛けてたんだけど。。。4歳の子相手にしどろもどろの私。

なにしろ、この子は大人顔負けの観察力があり、実は先日も何を隠そう私はパジャマ姿を目撃されていたのだ。その日は昼前、シャワーをする前で、母親と遊びに来た彼に同じ質問を受けた。「ちょうどシャワーするとこだったの」と、とりあえず表面では軽くあしらって、冷や汗かきながらシャワーをしてちょっと身なりを整えた私を見て「わあ、素敵だよ!」と一言。
ちょっと赤面しちゃうじゃない!大人をからかうもんではありません!

昨日の夜、この男の子のベビーショットに行きました。友達夫婦は、「金曜日は夫婦の日」と決めていて必ず二人で数時間外出するのです。私は仕事の山を抱えて友人宅にいったところ
彼の母親がちょうど外出の支度を終えて部屋から出てきたのです。なんとこの子、「わあ、まま、凄くその洋服素敵!ネックレスもいいねえ!」と顔を輝かせてコメントしてるではないですか?!?!友人も息子に褒められてまんざらではなさそう。というより、あんなにうれしそうな彼女の顔、見たことあったけ?

ちょっと、4歳ですよ、この子。女心をしっかりこの年にして知っているとは末恐ろしい。これは生まれながらの才能でしょうかねえ。もう少し、彼が大きくて、私が若かったら、恋に落ちたかったわ、とひそかに淡い恋心を抱く私でした。将来が楽しみなのであります。
posted by 高津文美子 at 16:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

天気を理由に言い訳をする私

今日も朝は曇りで目が覚めても過ぎにいつものルーティーンをこなさなかった。

いつもは、まず布団の中で軽いストレッチをしてそれからトイレに行き、水を飲み、ヨガをする。天気がよければジョギングをするのだが、今日は起きてすぐにパジャマのまま、コンピューターへ直行してしまった。

天気がよければたぶんジョギングにいったのだが、曇りでちょっと面倒になったのと、サンフランシスコのこの時期の気候は朝は曇りで昼近くから天気になる場合も多いので「天気になってジョギングしよう」と思ったのが失敗のもと。

天気になったころには、お昼。シャワーをしたのも12時ぐらい。

「仕事が一段落ついたら」と思っていたら、結局気がついたらジョギングいけずにヨガだけで終わった1日だ。ちょっと不満。

大企業の社長さんで、毎朝、何があっても、雨が降っても海外に出張中でも、必ず5時におきてジョギングをしている人を知っている。自分に対して厳しいから人を指導していく立場に
あるのか、それとも、そういう立場にあるから規律正しい生活が出来るのか。

私はまだまだ甘い。
posted by 高津文美子 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

筋トレ

日本人の友人が「ふみちゃん、筋トレって知ってる?」
あのねえ、誰に対する質問?わたし、筋トレなら毎日してるよ!

違ったのです。占いのサイトらしくて、週間予報、年間、凄く当たるらしい。
早速転送してもらって、やってみました。未来のことはまだわかんないけど、
去年のとか見たら、おおお、びっくり。当たってた。。。

昔は占いなど、未来を予測することには、本当は興味あるくせに「だめだめ!」とって拒否していた私ですが、本当のこというと、とっても知りたかったのね。。。。。
情報としてあるものを使わないてはない、と最近は思ってます。


週報
http://www.st.sakura.ne.jp/%7eiyukari/
年間占い
http://st.sakura.ne.jp/%7eiyukari/yyy20y06/06yearyearly.html


posted by 高津文美子 at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

年を取るにつれて美しくなる男たち

昨日は8名の友人たちが集まってまたまたパーティーをした。
男3名、女5名。1人がイギリス人、1人がニュージーランド人、1人はイタリアに長く住んでいるアメリカ人、他4名がアメリカ人と、日本人の私。大統領の話から、はたまたスキャンダルの話(アンジェリーナ・ジョリーの妊娠、彼女が発展途上国から向かえた養子の話、故ダイアナ妃の隠された秘密など)多いに盛り上がった。日本人って性格がイギリス人にとっても近いって話にもなった。ま、鎖国を経験した島国と、世界を制覇しそうになった大英帝国イギリスに、島国根性という意味で共通項あるか。こういう話になった時、すごく日本を意識する私。一生懸命援護するんだよね。遺伝子に日本の日の丸が埋め込んであるのかもね。

8人といっても、その中の3名は、名前は聞いたことがあるけど、私は初対面の人たち。
そのうちのひとりPはカイロプラクター。40代で結婚してパートナーもいるけど、とっても
美男な人。話も面白くて見とれちゃいました。友人Cに「ねえ、Pって美形ねえ!残念、既婚者か!」とつぶやいたら、「でしょう?!最近やたらに美形になったのよ」との事。15年近くの知り合いらしいけど若い頃は別にそうでもなかったらしい。しかも、年を取るにつれて性格が外面に現れてきたのか、CもPのハンサムぶりに最近気がついたとか。

で、年をとって美しくなる人たち、という話のなかで、イタリア在住のJが口を開きました。(ちなみにJはイギリスの大金持ちの貴族と若いころ結婚してました。結婚のときにプリナプをしたとか。プリナプって「prenuptial agreement」の略で、「離婚をすることになったら、いくら慰謝料をはらうか」、とか「財産はどうするか」、とか結婚する時に話し合いで合意する取り決めのこと。凄くビジネスライクで、ロマンチックじゃないよねえ。でも、私の友人で離婚をしたカップルはCDから、おなべから、「これ、僕の。これ、君の」ってちゃんと仲良く(?)財産を分けてたけど、凄く精神的にも大変そうだった。金持ちって財産分けが大変だから先に話し合いをするんだね。有名な例で、マイケル・ダグラスとキャサリーン・ゼダ・ジョーズの例があるけど、今のとこ仲よさそうだし。ビル・ゲイツはどうなのかなあ?)

Jはこの結婚当時、ラグジュアリーな生活をしたようですが、イタリアの彼女の「お屋敷」でなんと、ダライ・ラマとリチャード・ギアとお昼を食べたことがあるそうな!おののいた私の口から出た言葉は「で、で、でリチャード・ギア、どんな人?かっこよかった?」。おおい、もうちょっとレベルの高い質問をしてよ。。。。彼、仏教徒なんですよね。美しい姿によらず(?)地に足が着いて、非常に精神的に奥深いスピリチュアルな人らしい。若いときはぜんぜんかっこいいとも、思わなかったけど、確かに最近素敵な感じもするし。そういえば、ロサンジェルスに住んでいる知り合いが車を運転していたら「わあ、あの人かっこいい!!」とふと目をやるとリチャード・ギアだったとか。「オーラが出てたよ」。

年をとって素敵になるって、本当に素敵だと思う。生き方がきっと顔に、雰囲気にでてくるんだろうなあ。



posted by 高津文美子 at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。