2006年04月28日

日本到着

天気いいですねえ〜晴れ

昨日日本到着しました。途中でばりばりM嬢と待ち合わせて、ビールで乾杯。
おやじっす。しかし、このM嬢って本当、行動範囲が広いわ。

で、明日から福岡へ。もうこの移動癖はどうにかしてって感じですが、身体が動けるうちがはなかしら?

さて、今回アジア系航空会社を使ったのですが、一つ気になったことがあります。飛行機の中での、一人ひとりのトイレの使用時間が長い!ということ。一人でなく、とにかく男性も女性も信じられない位長い。なんでこれ?別に、ほら、だから、みんながxxxってことでないと思うけど。。。。あと、日本に来ておもうのは、やはり一人ひとりがトイレの個室に入っている時間が長い。日本の人はストッキングをはくからかな、とかいろいろ考えてみたけど、未解決ですexclamation&question凄く気になったりして。

posted by 高津文美子 at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

危機一髪!

きゃあ〜危ない!!!!

先ほど何気なく日本行きの航空チケット見たら、出発は今日の夜になっていた!!!!飛行機夜中の1時出発!しかも、今日夜は友達とご飯を食べに行く予定。

10年ほど前に、同じようなチケットで日本に行く予定が1日日にちを間違ってたことがあり冷や汗だらだらだったことを思い出した。

その時、やはり友達と食事をしていて、「明日から日本だよるんるん」なんて話をしてて、「え、明日って今日の夜のことじゃない?」・・・・・。その時は完全に乗り遅れましたがく〜(落胆した顔)。一気にワインの酔いも醒めたわ。

今回は、初めからこのXXXX航空とは相性が悪かったからねえ。

とにかく気付いただけでもラッキー!!!!



posted by 高津文美子 at 02:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

春の大掃除

最近いい天気が続いている。昨日はむずむずして1日かけて部屋の模様替えと要らないものを沢山処理。本当に自分に必要なものだけで生活できるはずなので、なんで物ってたまっていくんでしょうねえ?知識もどんどんたまっていってくれたらいいのにさ。

部屋が全くかわり、気分が変わり、気の流れも変わった。「引越し魔」じゃない時は「模様替え魔」になる。ま、部屋の模様替えって引越しみたいなもんだし。身体もこの時期断食なんかして一掃したらいいらしいけど、食道楽の私は無理だわ。

身体も、心も、部屋も一掃してきれいにしたいものです。
posted by 高津文美子 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

仕事とプライベート

自営業をやってる友達がいるのだけど、彼女には仕事を手伝ってくれている彼がいる。

でも、仕事と恋愛をごっちゃにするのは、結構面倒だと思う。はじめは彼が彼女に尽くしてあげたくてやっていたことがだんだんお互いに彼女には「当たり前」彼には「負担」になってきたと感じらしい。

「契約書かいたら?」と私の提案。「はじめからそうしとけばよかった」と彼女はいってたけど、恋愛のはじまる時って契約書なんか普通交換しないか?

でも、アメリカって「prenuptial agreement」(結婚前に取り決める、離婚の際の財産分与の合意)あるしね。友達がこの前離婚したのだけど、「今度からPrenupしてから結婚しようっと」なんていってた。おいおい、もう次の結婚考えてるの?前向きすぎる。しかも離婚のことまで?って感じ。でも、二人を見ていたらCDの取り合いまでしてから、ラブラブな時期にさらっと話し合って、書面で残しとくのも悪くないか???
posted by 高津文美子 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

直感に救われる

本当は今日の夜1時の飛行機で韓国に行く予定だった。昨日変な予感がして、今日の朝、航空会社に電話をした。最近リコンファームなんてしないでいい航空会社が多いけど、今回は普通使わない航空会社でなんとなく気になったからだけど。。。。

電話をして判明したのが、向こうの手違いで私の席が確保されてなかった!!!信じられない。だって、夜の1時にサンフランシスコ出発予定だったのに、飛行場にいって「あなたの席はありません」なんていわれたら、さすがの私もちょっとねえ。あなた、たまりませんよ。

「ごめんなさいね」なんていわれても、私仏ではありません。ごめん、気が治まらない。だって、韓国で友達に会う約束、日本での予定、ばっちり入れてたのに!!!あまりのいい加減な対応に、抗議の手紙を書くことにした。書きながら改めて怒りが出てきたんだけど、あまり気持ちのよい感情ではありませんでした。。。。

リコンファーム必要ない時代だけど、ちょっとXXXX航空はお勧めできません。

私の直感も捨てたものではないな、とちょっと救われた。
posted by 高津文美子 at 17:11| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

トランス

イースター(復活祭)の日曜日。2歳と4歳の男の子を連れて友達家族が遊びにきた。

夕食後、大人がワインを飲んでる間に4歳の子がパンツ一枚の裸の格好で鏡の前でいきなり踊りだした。かけていた音楽がデジュリヂュの入ったトランス。真剣に顔を真っ赤にして悩ましげなポーズをしながら覚醒したように髪を振り乱しながら踊りだした。凄かった・・・・とりつかれたように、全身で何かを表現しようとしているのが伝わってきた。曲が終わったあと「Thank you!」とお辞儀をしてる彼を観ている大人は完全に圧倒されていた。言葉が出なかった。

音楽って、何だろう、と改めて考えましたねえ。世界中の文化に音楽や歌がある(ちなみにお酒も)。人間のDNAにきっと組み込まれている魂の叫びを表現する手段なのかもしれない。お酒は魂を開放してくれる。私はエスニック音楽が好きだ。トランスはジョギングの時に聞くと最高。お酒も好き!

それにしても、天気が不安定でジョギングができないよ〜ふらふら

トランスでもかけて踊りまくるか?
posted by 高津文美子 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

成分解析

面白いサイトをゲット!

成分解析とやらをしてくれるのですが、名前、文字、何でもいいから入れてみるとその「成分」が表示される仕組み。

まず、私は自分の名前を入れてみました。94%が「気合」で出来てるらしい。

なんか、ロマンチックでないなあ〜・・・自分の知っている人の名前を試してみたらかなり笑えた!友達で54%が「アルコールで出来ています」ってのがあった。その人、お酒大好きだもん。。。。。

あと、大阪生まれで、半分大阪人の姪っ子を分析したら「45%大阪人」と出た。

あ、名前は入れる漢字によって分析結果が変わるようです。

http://seibun.nosv.org/
(成分分析サイト)
posted by 高津文美子 at 06:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

どちらも正しい

昨日友達と話をしてて、物事(特に)仕事のアプローチの仕方で討論になった。

彼は「(人生は)計画をたてて物事を進めるべき」と言い張る。特に仕事に関しては。私は「既にあるものや持っているものを、ユニークに使いこなしていくことでも物事(人生)は進む」と反論。確かにわかるよ、特にビジネスに関すれば彼の言い分も、本当によく分かる。私もそうしようと思っている。でもさ、人生って計画した通りに行かないから素敵でおもしろいんじゃない?

以前に一度この彼とはかなり激論をしているので、今回は私も何度も反論したくなるのを抑えて、まず今回は彼の言い分に耳を傾けた。

二人の考え方の違いの例として私が出したのが料理。彼も私も料理をつくるのは大好きだ。私は冷蔵庫の中にあるものをいろいろ使って、庭の季節のハーブを使い、創作料理を作るのが好き。彼はまず、何を作るか決め、必要なものを全て確実に集めてから調理に取り掛かる。これってお互いの考え方、生き方と似てない?

私は10年間で20回以上引越しをした。この彼は10年間、一度も引越しをしていない。

どちらの生き方も正しい。あとでふと考えてそう思った。ちなみに彼はイギリス人。超エリート。彼が書いたものは他の人が手をほとんど加えることなく学術書に載る。対するわたしはボヘミアン。この彼が私の親友のボーイフレンドでなかったら、いったい私達の間に共通点はあるのだろうか?そして、果たして人生で出会うことはあったのだろうか?
posted by 高津文美子 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

満月

日本では今日満月です。満月

願いが叶う時だわ。満月と新月、これは凄いエネルギーがある。友人の日本人の看護婦さん2人、アメリカの看護婦さん3人に聞いてみた「ねえ、満月ってどう思う?」。急患が多く、事故が多い。満月の日に手術は避けたがいい(ミスが多いらしい)。子供が生まれる確立が多いらしい(特に満月の満ち潮)。反対に人が亡くなるのは、新月の引き潮の時。

私は昔から願い事10個つづ、大体毎日書いている。
「願い事ノート」作って、日記とは別に書いてるんだけど。。。。。

凄い。ほとんど叶っている。去年のノート見ると、ぶるぶる身震いがするほどだ。恐るべき潜在能力か・・・・

満月の夜、これは特に願いごとを書くには最高の日。何を書こうかな。

ずっと昔、「理想の男性」を書いた。なんと80の理想が出てきた。80まで挙げると「つめがきれいな人」「手の甲に毛がある人」とか、もう、その辺まで細かくなってしまう。なんと76個、その条件をクリアーする人にあった。でも、条件挙げすぎ。結局大切なところが抜けていた。「木を見て森を見ず」だったかも。

この話をしたら友人が「フミコのエネルギーは男だねえ〜。狩人。ハンターだよ。(あ、あたし、動物占いでチーターです)。もっとハート(心)の声を聞かなくちゃ!」って。うん、そう思うよ。分かっております。


*******

フェイスヨーガの4月29日イベントのブログに載せている私のメールアドレス「メールアドレスをクリックしても飛ばないよ〜!」とのメールを頂いております。ごめんなさい。再度、fumikotakatsu@hotmail.comです。
posted by 高津文美子 at 02:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

飽食と飢餓

ここ数日ソマリアが頭から離れない。新聞を開いても、ぱっと目に付く記事はソマリア関係。そして、世界の多くの人が飢えに苦しんでいる中、最近食べすぎの自分がいる。

昔からどれだけ食べても太らない為、ついつい食べ過ぎてしまう傾向があるのだ。車社会のアメリカでは(といっても、ボストンやニューヨークは別だけど)ジムに行くのも車で行く。友達は散歩に行くのにも車で目的地まで行く。だだっ広い駐車場の中で、並んでいるお店からお店に行くのにも車で移動する。

東京に住んでいた時にカナダの友達が遊びに来た。出会った時より、ちょっと太めになった彼女に、「東京は歩くからね!覚悟してね」とはじめから忠告していた。「ジムで鍛えてるから大丈夫だよ!」なんて簡単に受け止めていた彼女だが、東京滞在数日間毎日歩き回り、へろへろ。何しろ、階段が多い東京だもの。で、その結果、毎日食べ歩いて飲みまわったのに、一週間の滞在で3キロぐらい痩せた。大喜びだった。

日本も飽食だと思う。でも、日常生活では歩く。アメリカは健康志向が強い人たちは、ベジタリアンを超えてVeganという人もいる。肉を食べないだけでなく、卵、バター、牛乳など、乳製品も一切口にしない。有機野菜しか食べない人もいる。選択肢がある。同時に信じられないくらいに肥満の人も。

この年になって思うことは、「年齢を重ねると舌が肥える」ということ。食べ放題なとには行く気もしない。よい素材を使って、気持ちを込めて作られた食べ物を美味しく食べたいと思う。友人に「外食は作り手のエネルギーを取り込むことになるから、出来るだけ外食はしない」という人がいる。面白いね。

posted by 高津文美子 at 08:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

平均寿命43歳

朝新聞を読んでいたらソマリアの話に目がいった。

飢饉が続いているが、1000人のうち、16人の女性がお産で亡くなるそうだ。
そして、生まれてきた子供も4人のうち1人が亡くなる。

私がドキッとしたのは、平均寿命。女性43歳、男性47歳。

もし私がソマリアに生まれていたら、たとえ無事に成長したとしても
43歳までの命とすると、あと5年ぐらいしか生きれない(年がばれるけど)

あと5年の命としたら、何をするのだろうか?
posted by 高津文美子 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ダンス ダンス ダンス

昨日は友達5人で食事を作りながら、飲みながら、話しながら長い夜を過ごした。こんな時間が私は大好きだ。5人とも料理をするのが趣味だから、台所での料理から始まり、食事が出来たら、ダイニングでの食事、最後はリビングに移動しておしゃべりしまくり、食べまくり。

私は別として、2組のカップルはどちらも女性が白人、男性がアジア系と南アメリカ系の黒人で有色人種のカップル。様々な人種のカップルが多いサンフランシスコの近く、バークレーの町でも、そう頻繁にある組み合わせではない。

それにしても、この2カップル、両方ともダンスを通じてであったとか。Tは、おしゃべりでとっても紳士で、チャーミング。サルサダンスが大好きで私は基本を習った。で、木曜日に、5人でサルサを踊りに行くこと決定!私も出会い、あるかしらん??るんるん

でも、もっとサルサ、習いたいなあ。Tいわく「パートナーをどれだけ信頼して頼れるかがいいダンサーのポイントさ」だって。それって、以外に難しい。。。。。

*****************

セドナツアーのお知らせです。友人のアリゾナ在住の絵里ちゃん主催のそれはそれは素敵なスピリチュアル プラス アウトドアの混じったリトリートです。私はフロテーションタンクという、体温と同じ温度の強い塩分の入ったタンクの中でぷかぷか浮く経験をえりちゃんのリトリートでしました。時間と空間、自分と外界の境がなくなってしまいます。凄い経験です。もちろん、ネイティブアメリカンの儀式、スウェットロッジも含まれています。詳しくは以下をご覧ください。
ロッククライミングは最高!
sedona2.bmp


http://hidamari1216.fc2web.com/tour/tour2.htm
posted by 高津文美子 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

身体の浄化!

風邪が治ったと思ったらなんと、生理になりました(男性の方、ごめんなさい!読みたくないかも)それが今回は痛くて、もう、のた打ち回り。おまけにあまりの痛さに吐いてしまうし、気絶しそうになるし結構最悪。ちっ(怒った顔)

で、ふと思い出したのが、ネイティブ・アメリカンの話。生理とは身体の浄化であり、その時の女性はものすごいパワーを持っているらしい。のたうちまわりながら、「な・ん・で、これがパワーなのよぉぉ〜!?」と生理をうらんでしまった。痛みに耐えるパワーなのかしらん?ちなみにネイティブ・アメリカンの人たちは生理中の女性を「moon lady(月の女性)」と呼ぶ。私は子供をまだ生んだことないけど、子供一人生んだ義理の妹Yちゃんから、「生理痛と比べたら子供を生むのはそんなに辛くなかった」と聞いて、私は今回、3つ子でも生んだ気がしましたわ。Yちゃんいわく、「陣痛はきちっと定期的にやってくるからその時間我慢すればいいのだから」と。

以前にヒーリングマッサージをしてもらって、生理痛がひどいことを言ったら、「もっと身体に声を向けてあげてね揺れるハート」と言われた。どうやら私は女性性をもっと受け止めてあげないといけないようだ。「I love myself! I love my body!」なんてたまには言葉にするのもいいのかも。

あ、ちなみに男性は生理がないので、浄化ということで、1から1.5ヶ月に一度ぐらい献血をすると、体内の血液が新しく作られて良いそうですよ。

復活した私は朝から「身体浄化、血液をさらさらにするスペシャルドリンク」を作った。りんご、キュウイ、ブルーベリー、イチゴ、バナナ、たまねぎ、ヨーグルトをブレンダーにかける。たまねぎがポイントかな?結構いける。
posted by 高津文美子 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

いよいよ、生のムンク登場!あなたもなれる!!

フェイスヨーガ 出版記念イベント開催決定!

250352051128NS456.JPG

4月後半日本に一時帰国決定!フェイスヨーガの素晴らしさをとことん伝授します!ヨーガのポーズをとりながら、生のムンク顔にチャレンジしませんか?特別に講師2人のコラボレーション・イベントです。是非お見逃しなく!


開催日:2006年4月29日(土)
集合:午前9時半、クラスは9時45分から11時まで
講師:高津文美子、アガくみこ
場所:吉祥寺「スタジオ アムリタ」 アクセスはhttp://www.amrita.co.jp/studio/access/index.html

参加費:4,000円
持ち物、服装: 水、ヨガマットまたは厚めの大判バスタオルを各自ご持参、ヨガが出来る格好でお越しください。また、スタジオで着替えることも可能です。

●お時間のある方はレッスン終了後講師たち、他の参加者の皆さんとお昼を1Fのタイレストランでご一緒しましょう!
参加ご希望、お問い合わせはfumikotakatsu@hotmail.comまで。
posted by 高津文美子 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

復活

やっと身体的にも精神的にも復活。久しぶりにジョギングをして一日が始まった。鼻呼吸が両方の鼻で出来るってなんてありがたいことなのだろう。鼻の穴が一つしかなかったらたいへんだろうな〜とか、走りながら考えていた。自分の身体に改めて感謝を捧げたい。

日本も桜が満開らしく、「桜満開です!」というメールや写真が送られてくる。何年もこの時期にはちょうど日本にいないので、夜桜を見ながら宴会をしたいなあ〜とちょっとおセンチ。「アメリカでは花を愛でながらの飲み会」がない気がするが、東京は知りませんが、福岡では場所取りをして桜の下で酒を飲んでたなあ〜

お花に人が心惹かれるのはその美しさが永遠でないからかな。その繊細なはかなさと美しさに人は人生の縮図をみる気がする。全ては永遠でない。分かりきったこと。でも日常の生活の中で繰り返し同じようなことをしていると、つい、当たり前になってしまう一瞬一瞬。花は私にいつも、時間の流れの法則を教えてくれる気がする。そして、ふと思い出す過去の思い出がなんと美しいことか。私は立ち直りの早い前向きの性格、体質なので、あまり過去を振り返り目を細め、遠くを眺めることはないが、何かの拍子に思い出した過去ってセピア色で、心がキューンとなるものばかり。素敵なおばあちゃんになって、孫に若い時の冒険話をしてあげたい。。。というのが昔の夢だった。今は????

さてさてうちの庭にはグレープフルーツ、レモンの木があり、ちょうど果実が鈴なり。毎朝フレッシュなジュースを楽しんでいる。今日はまぶしいぐらいな健康的な朝であります。晴れ
posted by 高津文美子 at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。