2006年07月31日

ビーチでの1日

昨日は友達の40歳の誕生日ということでビーチパーティーに出かけてきました。サンフランシスコから30分ほど車を走らせると出てくる「え、こんなところがこんなに近くにあったの?」というほど素敵な場所。15名程のパーティーでした。

バーベキューが備わっているピクニックエリアがちゃんとあって、木でできたベンチとテーブルの上には真っ赤なテーブルクロスとたくさんの食べ物と飲み物。誕生日の友達はバーベキューにいそがしくファーストフード、呼ばれた友達達はおしゃべりに大忙し。

おなかが落ちついたあと、6名ぐらいのハードコアグループが(勿論私も含まれますパンチ)冷た〜い海へ泳ぎに行きました(サンフランシスコのあたりは寒流の影響で夏でも水が冷たく、泳ぐにはちょっと無理があるのですが。。。。)ウェットスーツを着たサーファー達を遠目にみながら泳ぎ、笑い、騒ぐ平均年齢40歳近い私たちの軍団。。。日本ではまず見れない光景でしょうねわーい(嬉しい顔)

ふと気がつくと、「おおおおおっ〜い!ふみこ、戻って来い!」とみんなの呼び声が。。。私は、サーファーに混じってかなり沖まで出てました。つい波に夢中で。

後で聞いたら「さめがこのあたりでるから気をつけたがいいよ」と聞いて,ゾクゾクがく〜(落胆した顔)。知らぬが仏とはこのことか。

とってもカリフォルニアの1日でしたぴかぴか(新しい)

posted by 高津文美子 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

100%の確信

今までの日本行きで最短の6日間という滞在を終えて、無事にカリフォルニアに帰ってきました。

翻訳の原稿を仕上げ、フェイスヨーガの雑誌の撮影、イベントのミーティング。。。。。あっという間に気がついたら6日間はおわり、時差ぼけも直らないまま帰ってきた感じ。

自他共に認める晴れ女の私。今回の来日中も一度かさをちょっと使っただけで、無事に天気に恵まれ、帰国の26日には青空が広がっているといういつになくラッキー!「あなたと会うから今日はかさいらないと思った」といわれたりも。。。

カリフォルニアは私がいない間、歴史的な猛暑だったらしく、亡くなった人たちもいたらしい。私が帰ってきたら勿論晴れてはいるものの、天気は普通に戻っておりました。そうそう、サンフランシスコの夏は肌寒く、かの有名な作家、マーク・トウェインが「私が今まで経験した一番寒い冬は、サンフランシスコの夏だった」という名言(?)を残したほどの涼しさ。

で、なんでここまで天気に関してラッキーなのかまじめに考えてみたら、私の心の中に「私は晴れ女!絶対に晴れる!」という一点の曇りもない確信があるからだ、と気づいた。ほら、信じて疑わない確信。これは何にも勝るポジティブなエネルギーだろうな。

「晴れ女」で感じる100%の確信を、他の生活の部分でも活用したら素晴らしい人生になるんだろうな、と密かに思ってはいるのですが。。。。
posted by 高津文美子 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

日本行き

最近更新があまりできてないのですが、いろいろと生活に変化がありまして、更新が追いついていってません。それにしても、変化があるときって私生活、仕事、その他もろもろ、同じ時期に重なるんですねえ。

ところで、明日から急ですが日本に行ってきます。26日までの6日間、仕事なのでパアッとパーティーをすることもできませんが。。。。猫

またその報告は後ほど。。。

現在荷造りをしながら、同時にたまりにたまった仕事の山でアップアップです。

そんな中でも土曜日は20キロ近くハイキングをして、最高の週末を過ごし、日焼けをしてしまいました。今年は「焼けないぞ!」と思っていたのですが・・・・アウトドア大好きの私にとってはちょっと難しい課題ですねえ。。。



posted by 高津文美子 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

物事のタイミング

ふと、物事のタイミングについて考えてみた。

私は「すべての出来事は意味があって起こっている」という考え方が好きだ。
人生塞翁が馬のごとし、ではないが、「きっとこれも理由があるのねるんるん」と思うと楽じゃありませんか?!

イライラしたり、腹が立ったりすることが全くなくなったわけではないけども、かなり減りましたねえ。もっともっと若い頃の私は「泣かぬなら、泣かせてみようホトトギス(秀吉)」の自信家、「泣かぬなら殺してしまえホトトギス(信長)」のようなエキセントリックな部分が大いにあった気がする。


「ぼーっとして待つだけなんて、人生つまらない」、と思っていたけれど徳川幕府を考えてみると、あの長い年月幕府を維持できたという事実には、「泣くまでまとう」の気長な、しかし、裏に隠された自信があったんだろうな。

ちなみに私は亀をペットに飼ってます。最近旅が多いため、友人宅にホームステイさせていますが、名前は「バイオレット・スミレ・高津」とちゃんとした英語名のファーストネームと、日本語名を持っています。彼女(と思うけど)の人生と比べたら私のこのばたばたとして騒がしい生き方はナンなんだろうか。。。。一応バイリンガルの亀です。

全く話は変わるけど、ヨガのバランスのポーズで、意識が集中している時といないときでは、出来が違うものがある。このポーズは私の精神状態のバロメーター。足を上げるタイミングと手を挙げるタイミングがちょっとずれてしまうと、たちまちバランスが崩れてしまう。人生のちょっとしたタイミングと似てたりしてね。
posted by 高津文美子 at 15:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

愛に溢れるシャスタ

一週間のシャスタへの旅から無事に(?)帰ってきました。
一言でいうと、シャスタの深さに畏敬の念を覚えた、ということ。

今までアウトドアの延長だったので、「凄いよ」「きれいだよ」「楽しいよ」という言葉でそのエネルギーを表現できていたのですが、今回は、あまりにも想像以上の経験をしたため、表現ができません。

寺山先生のワークは、スタッフとして3女神の一人(「虹の女神」こと、高原操ちゃん、「収穫の女神」こと高野ひろこちゃん、そして「嵐の女神」こと私。)として参加したのですが、1日目にして今だかつて経験したことがない程の体調不良。この私が寝込んでしまいました。次の日には、けろりとしてワークに参加したのですが、言葉でなく、身体を使ったワークは私にとって
「目からうろこ」の体験。言葉の向こうに何があるのか、ちらりと垣間見た感じ。

自分の奥深いところで、意識と身体がほんの少しだけど繋がった感覚。以外に日常生活で、特に忙しい時などは身体が悲鳴を上げてもとにかく押し切ってしまう傾向のある私は(これは動物占いのチーターの性格もあるようですが)反省しましたね。

およそ一週間シャスタで過ごし、現実世界に返ってきたときの、この不思議なギャップがまだまだ身体的に、精神的にうけとめられてないわ。

ちなみに昨日は満月で、動物的な私は目が冴えて眠れませんでした。満月

遠吠えしたいような感覚を覚え、目が覚めたのが朝の4時!同居人も「寝れなかったよ〜」とのこと。

しばし身体の休養が必要なようです。

ワークショップの様子、2女神様のブログをよかったらどうぞ!写真付きだし。(カメラ壊れてて。。。。。すみませんあせあせ(飛び散る汗)

「虹の女神様」こと、高原操ちゃんのブログ。
最近ハイキングに行ったり、ヨガを始めたり、身体に意識が
行っている女神様。今までの宇宙人のような(?)宙に浮いた、
地に足が着いていないふわふわした中性的な不思議な魅力にRye de Rye の下着の恩恵か(?)女性的な魅力を備え、さらにパワーアップした女神様。
彼女の文章力、その感性は素晴らしい〜
http://shasta.exblog.jp/
今回のワークシップの様子は
「愛を学ぶ旅」
「愛を体感する旅」
をご覧ください。


「収穫の女神様」こと高野ひろこちゃんのブログ。
その名の通り、まさに辛口のコメント、直球ストレートの表現にも実は
深い愛情と恵みをもった女神様。この女神様の感性がとっても好きです。
実は繊細だし。肝っ玉が据わったエネルギー溢れる女神様ですが、ここ
一年ほど、びっくりするほど女性エネルギーが増し、美女度もアップ。
その訳は・・・
http://shasta777.blog64.fc2.com/
今回のワークショップの様子は
「輝く愛を体感する旅1,2」をご覧ください。


末期がんを克服、その71歳という年齢もなんのその、信じられない程の
行動力と、エネルギーに光り輝く先生は、歩く発光体!精力的に世界を舞台に
活動されています。
宇宙のような大きなエネルギーに、私はめろめろです。
寺山心一翁先生のHP
http://www.shin-terayama.jp/



posted by 高津文美子 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

シャスタ再び

今回のシャスタ山でのワークショップ。。。。凄すぎでした。雷に打たれたような経験をしました雷。昨日サンフランシスコへ帰ってきたのですが、感動に浸るまもなく今日から再びシャスタに行ってきます。

落ち着いたら詳しい報告をいたしますので、しばしおまちを。
posted by 高津文美子 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

シャスタへいざ!

明日からシャスタへ。

「虹の女神様」こと高原操ちゃん、「収穫の女神様」こと高野ひろこちゃん、そしして「嵐の女神」と呼ばれている私。おっと、名字が三人とも「高」なんですね!

そして光り輝くまぶしい光線が身体から溢れる寺山先生ぴかぴか(新しい)。。。。

どんなシャスタになるのでしょか?

楽しみです。

posted by 高津文美子 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

エネルギーの法則

完全仕事モードでかなり集中しています。

そうなると周りが見えなくなり、時間の感覚がなくなり、食事も忘れてしまうほど時計

不思議なことに、そういうときに限ってプライベートも同じぐらい負けずに充実。

身体が3つぐらいあれば、一つは仕事、一つはプライベート、そしてもう一つはグーたら猫させて他の2つがはたらいている間に英気を養ってもらい。。。

なんてね、人生うまくいけばいいのに、と心から思っているこのごろですパンチ

私はバランスが必要。身体、心、そして精神が3つバランス取れてないとダメ。

今までのヨガのスタイルから別のヨガを始めたのも大きなきっかけです。身体が求めていた感じですね。

さて、心のマネージメントのポイントとして私には3つのチェックリストがあります。

1)部屋が散らかる(ストレス度☆)

2)食事がめちゃくちゃになる(美味しいもの大好きな私がこれを感じると
ストレスは☆☆☆)

3)運動をしなくなる(ストレス☆☆☆☆)

4)ひたすら眠る(ストレス☆☆☆☆☆)


ま、あくまでも目安ですが運動をしなくて「ボー」っとしている私を見かけたら「あれ、ストレス三ツ星だね!」と思ってください。


posted by 高津文美子 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。