2008年02月29日

何でだろう??

なぜか寒いギャグが好き。

私、後悔するかもしれないけど、一部公開します(判ってくれたかな?)

例)

内臓がないぞう?

雪ですのう〜(snowをかけてる)(作家の友人、佐伯紅緒ちゃんから譲り受けて、雪を見るたびに言ってる私・・・紅緒ちゃん、ありがとう〜)

硬い肩

はあ〜。

ずっと昔、アメリカの大リーグに野茂選手がやってきたとき、アメリカでも人気者になった彼のグッズを、日本人の友達に頼まれて買いに行ったら、品切れ。

お店の店員さんに「野茂のTシャツありますか?」と聞くと、ウインクして、「Nomo?No More」だって〜。一本やられた!私のジョークよりも高度だと思った。

日本食のレストランで「醤油取ってくれる?」と聞かれて「I will show you(ショウユー)」と言ってしまう私。

日本語と英語をまぜて「No ginger=(生姜がない)=しようがない」
。。。。


そういえば、昔、高校生のときに「自分の蒔いた種は・・・」と言うつもりが「自分の炊いた豆は・・・」と口が滑ってしまったら、一緒にいた友人が「自分で食べなきゃね」とフォローしてくれた。座布団一枚彼女に差し出したかったわ。

あ、今回アメリカに帰ってくるときに入国審査で「食べ物は持ってきましたか?」とイミグレーションのオフィサーに聞かれ「お腹にたくさん持ってきました」と言ってしまった・・・やさしいイケ面オフィサー、にやりと笑って「お帰り。後でもっとおいしいランチを食べてね」と言われた。冗談ではないけど、この受け答え、スマートだと思った。(というか、こんなことをイミグレーションで言う私も私なんだけど・・・)

でも、やめられない言葉遊びなんだよね。言い出したらきりがないし、止まらない。こんな私だけど、周りにいる人には暖かい目で見守ってもらって本当にありがたいと思う。改めてありがとうございます。

posted by 高津文美子 at 02:00| サンフランシスコ ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

Oops, I did it again!

やってしまいました〜。16時間連続睡眠。

水も飲まず、トイレにも行かず、ひたすら眠りこけること16時間。お腹が空いて起きたら夕方。ガ〜ン!

アメリカ初日は張り切って友達数名に会って、時間を有効に使ったとルンルンだったけどね。

ま、それもよしとしよう。

ということで夕食は前日のカニの足の身を使ったクラブケーキ。ケーキといっても甘いものでなく、カニコロッケ?に近いかな?
P1020228 (2).JPG

おっと、ノーメイクで、かなりリラックスしてます。
P1020232 (2).JPG

サラダとワインで結構満足な夕食。

posted by 高津文美子 at 06:45| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

アメリカ一日目

バケーションが取れて、アメリカに帰ってきました。
自他共に認める晴れ女!飛行場についたら青空。前日までは天気も悪かったらしいけど、爽快!最高。

ランチを友人として、その後お茶を別の友人として、身体の調節に鍼を受けに・・・ちょっとグロテスクですがとっても身体楽になりました。
http://www.sawakoacupuncture.com/
鍼.bmp

夕食はサラダと、おいしいパンと、ワインとチーズ。そしてカニ!
カニ (2).jpg

幸せ〜。
posted by 高津文美子 at 14:27| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

I got it!!!

友達の結婚式で、ゲットした!!!!

ブーケトスの花束。「私はいいよ〜」なんていいながら、鼻息荒く最前列に並んでしまい、しかもブーケが宙に浮いた瞬間、とっさに全運動神経を総動員してゲット。

なんかこの写真、かなり誇らしげ?はずかしいっ・・・
あきこ結婚式.jpg
posted by 高津文美子 at 12:59| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

疲れた〜

ばたばたした一週間が無事終わり、ほっと一息。お風呂でリラックスタイム。

チョコレートを一口食べてハッピー。ダークが好き。
P1020187 (2).JPG

お土産にもらったバスソルトを今日は使ってみます。
P1020189 (2).JPG

長年使い込んでいるブラシでドライブラッシングをしてからお風呂に入るのが習慣。ちなみにお風呂から出るときは必ず水シャワー。これは高校生のときから欠かせません。
P1020190 (2).JPG

キャンドルとインセンスは生活に不可欠です。これでお風呂に入ると自宅のお風呂も雰囲気が変わってリラックス度アップ。
P1020192 (2).JPG
posted by 高津文美子 at 23:07| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

日本だけどタヒチ・隠れレストラン

ディナー@「タヒチ」。これ、南青山にある一軒家を改造した隠れた場所にあるタイ・ベトナム系の無国籍レストラン。http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13010738/
一瞬で気に入りました。日本に自分がいることを忘れてしまうぐらい入った瞬間から超リラックスモード。

大笑いあり、熱血トークあり、大人の話題あり、恋話あり・・・いや、私は何が人生で好きかというと、お酒や食べることもそうだけど、それを味わいながら人生を語ること。

ご飯をしたメンバーがまたまた面白くて、最高だった。エッセイストの桐島ノエルさん、作家・脚本家の梅田みかさん、カナダと日本を行き来するスピリチュアルなヒーラーの茅原田久仁子さん。濃いメンバー。

と、話が盛り上がってるところにたまたま一階で食事をしていたらしく、ノエルさんのお姉さん、桐島かれんさん登場。

かれんさん、昔テレビで見たときからまったく変わってない。子供4人ですよ〜。私は昔「子供5人欲しい」と思っていたことがあったけど・・・うらやましいなあ。

女同士で騒ぐのって、とっても楽しいな〜と思った夜。20代は興味が恋愛ごとだったから、食事もボーイフレンドたちと出かけることが多かった。30代になって、人生をちょっと真剣に考え出してから女性の友達とご飯を食べにいくことも増えてきたけど、40歳になると(あと8ヶ月です?!?!)、女数名で出かけるのって本当に楽しい〜と実感。50代はどんな話で盛り上がるのかな?!



posted by 高津文美子 at 01:18| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

ヨガウェア

先日、日テレの「おもいッきりイイ!!テレビ」で着ていたウェアに関してたくさんのコメント、お問い合わせを頂いたのですが、あれはカナダのヨガウェアのメーカー、ルルレモンです。

パンツはリバーシブルという優れもの。トップのカットが程よくセクシー?!マットの色もキュート。アクセントのオレンジも素敵。
P1020083 (2).JPG

カラフルな色と、機能的だけど女性的なスタイルがとってもかわいくてお気に入り。私がいつも行くのは、自由が丘店。スタッフのみなさんがとってもフレンドリーで親切で感じがいいです。気に入ったウェアだと、気分も違うわ〜。

http://www.lululemon.co.jp/

イベント等もあってるのでよかったら行ってみてください!お勧めです〜。
posted by 高津文美子 at 01:48| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

好きな色

からだにいいこと」(祥伝社)4月号(2/16発売)「お風呂で顔ヨガ」特集でリフティングフェイスヨガが4ページに渡り紹介されました。

この日の撮影はヨガウェアでなく、水着でしたが、大好きなターコイズブルーで一気にテンションアップ。好きな色を身につけると本当にいいねえ〜。ちなみに好きな色は、赤、ターコイズブルー、白。

撮影の一こま。
いつもヘアメイクをお願いしている圭さん。頼り切ってます〜。
P1010871 (2).JPG

いつになく真剣な顔。
P1010870 (2).JPG

ブリッジ。(お風呂ではやらないでください!?)
P1010873.JPG

プロフィールの写真を撮り忘れてしまったので、プロフィールは「すっぱい顔」をしております。

よかったら本屋でチェックしてみてくださいませ。

posted by 高津文美子 at 12:22| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

「おもいッきりイイ!!テレビ」でおもいっきり

昨日は「おもいッきりイイ!!テレビ」の生放送。

前にも出演させてもらったことがあったので、みのもんたさんとも2度目のお仕事だったし、スタッフの方とも知り合いになっていたりして緊張せずにとっても楽しくお仕事させていただきました。

ゲストの森尾由美さんと、山口もえさん。メイク室で一緒だったのですが本当にふたりともあのまま!可愛い、きれいだったわ。ふたりとも子持ち。タレントさんは違うなと思った。山口もえさんは前に同じ雑誌の同じ号に出たことがあって「あれ、読みましたよお〜」「あ〜、わたしも〜」という話になり共通の話題もあったからリラックスできたし。

本番前は舞台の裏でパックン、みのさん、うじきさんと腹筋の話や、食べ物の話、ジョークで盛り上がりついハイパーになった私。寒いジョークが炸裂してしまった・・・

うじきさん「腹筋すごいねえ〜」

みのさん「腹筋割れてるじゃない?!」

パックン「ご飯たべてるの?」

私「食べてるよお〜」

うじきさん「内臓とかあるの?」

私「内臓(ないぞうは)はないぞう〜」

一同「寒い・・・」

パックン「だから独身なんだよ」

私「・・・」


というわけですが、私、食べますよお。腹筋は昔は一日500回とかしてましたが、最近はヨガのみ。でも、本当のこと言って効果同じぐらいなんですよ〜。事務所から「腹筋は割るな」といわれているので割らないようにしてますが。カナダで学生していたときに、運動し過ぎで、大学の授業も運動のスケジュールをはじめにたてて、その後クラスのスケジュールを組む、ぐらいはまってしまった時期もあったなあ。でも、あれは精神的によくない思う。禁断症状がでて、一日でもトレーニングを休むと気持ち悪くて。当時のボーイフレンドとのデートはほとんどがジム。ロマンチックのかけらもないよね。

海外に暮らしていると食べる量が断然多くなるけど、「食べても太らない」と20歳のときに初めてカナダに住んだときに決めました。これ、最高の催眠術!!同じものを食べるにしてもそう信じることで体の反応が絶対に違うと思う。だから、好きなものを食べるけど、精神的にハッピーじゃないときには食べ物もいい加減になって乱れますね、私の場合。つまり食べ物は私の幸福度を客観的にあらわしてくれるバロメーターの一つ。

「料理をするのが大好き」というと「えらいですね〜」といわれるけど私は「食べたいものを、食べたいときに、食べたいようにして、食べたい!」という究極の食いしん坊で、自分の胃袋に忠実な生活をしていくと自然と料理をするし、あと、かなりストレス解消になると思う。料理をしているときは頭の中は料理のことのみ。つまり私にとって究極の瞑想。しかも、出来たら食べれる!これって最高だとおもいませんか?ボーイフレンドとワインを飲みながら、手の込んだ料理を一緒に作る。これは大好きな時間の一つ。

レストランに関しては「何がいい?」と聞かれたら、即答で「量が多くて、おいしいところで、健康的な料理」(まるで育ち盛りのティーンエイジャーかい?!}このまえ桐島ノエルさんとランチをしたときにも「どこがいい?」と聞かれて即答で「量が多くて、おいしくて、健康的なところ」。ノエルさん、おいしくて量が多くて、健康的な店に連れて行ってくれました。さすが!?

日本のレストランは本当に繊細な味でおいしいけど、量がねえ・・・

ということで、日テレで仕事をしたら直行で行くところ。ザ・オレゴン・バー アンド グリル
http://www.wonderland.to/pc/oregon/

眺めはいいし(42階)、量は多いし(って、ランチはビュッフェなんです。)満足、満足。夜は景色がきれいでロマンチック。

食べまくりました。

P1020026.JPG

P1020029 (2).JPG

眺めよし

P1020030 (2).JPG
量もよし

P1020032 (2).JPG

チーズとポテトフライ

P1020033 (2).JPG 

パウンドケーキ

でもその後なにか物足りなくなって帰りのタクシーで、楽屋で頂いた豆乳どら焼き2つ食べ、しかも、友達のところにいって出されたメイプルバームクーヘンを平らげ、満足の私。

新しいウェアを頂いて、これも満足!
P1020025 (2).JPG
posted by 高津文美子 at 22:33| サンフランシスコ ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

引き寄せの法則?テレビ編

フジテレビの「ハピふる!」無事終了!?

じゃんじゃん〜!!今日の出演者の方です〜。
P1020013.JPG

リフトローラーは、コメンテーターのみなさんにも気に入っていただいて、番組が終わった後もスタジオがしばらく盛り上がりました〜。ピーターさんはその場でお買い上げ?!

番組終了後。セリーさんと。彼、最高!カメラがまわってなくても、あの調子でまるで漫才をしてるようになってしまった私たち二人。靴を脱いだら、なんと・・・ふたりの靴下に注目!五本指ソックスです。これしかはけない足になってしまいました・・・靴下をこれに変えてから、小指の爪の大きさが、2倍ぐらいにおおきくなった。というか、たぶんヒールを履いていたときに、爪がなくなってたから、元に戻ったというべきかな?
a href="http://lovebms.up.seesaa.net/image/P1020016.JPG" target="_blank">P1020016.JPG

フジテレビの楽屋は、窓が広くて、たたみ!待ち時間が長ければちょっとお昼寝も出来そうなお部屋。ストレッチをかねて、ヨガ。
P1020009 (2).JPG

それにしても、最近テレビが続いています。引き寄せの法則?続くときは続くんだよな〜。嬉しい悲鳴だわ。一応食生活も気をつけて、ワインもお休みして休肝日!

明日は、再び「おもいッきりイイ!!テレビ」(日本テレビ)に生出演します。放送予定時間は、12時10分ぐらいから30分。

MCがおなじみみのもんたさん。パートナーがお笑いコンビ「パックンマックン」のパックンことパトリック・ハーランさん。きっと彼は顔がたくさん動くはず?!楽しみ〜。

あ、以前に出演した「嵐の宿題君」、YOUTUBEで見れます〜。ちょっとSキャラの先生を演じてますが、本当は私はやさしいです〜(つもり?)

http://youtube.com/watch?v=MYrOulMyt2c
posted by 高津文美子 at 17:27| サンフランシスコ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

バレンタインデーの日

バレンタインの日、2月14日(木)、「ハピふる!」(月〜金 9:55-11:25)に、「フェイシャルヨガ シェイプリフトローラー」インフォマーシャルで生出演してきます。

メインMC 高樹沙耶さんや人気のコメンテーターさんにも、大好評のローラーをお試し頂く予定です。私が出るのはたぶん11:00-11:20頃。お見逃しなく。

ローラー、ホワイトデーのお返しに、おねだりしてみては?
posted by 高津文美子 at 21:41| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

推薦超簡単美味林檎菓子

母から送ってもらったレシピで、超簡単なりんごケーキを昨日夜思い立ったように焼いてみた。

子供の頃、おやつによく食べた、素朴でなつかしい、ほんのりとした甘み。

お勧めです。

*材料*
小麦粉(薄力 )250g
りんご1〜2個(適当な大きに切る)
さとう1C弱
卵 2個
サラダOilとバタ−(湯せんかレンジ合わせて1C弱)
たんさん(重曹)小さじ1
ベーキングパウダー小さじ2
レモン汁少々(なかったら別にいい)

(パイナップルの缶詰で代用したり、冷凍のブルーべりーを使っても美味しい)

*作り方*
小麦粉に砂糖、ベーキングパウダー、タンサン(重曹)をまぜる。

それにといた卵を入れる。

サラダオイルとバタ−のといたものを入れる。

これにりんごをいれる。

これを混ぜ合わせ、鉄ぱんにアルミホイルを広げてそのうえに材料をのばす。(ケーキ型やパイ皿を使ってもOK)

160度で30分〜40分焼くと美味しいアップルケ−キの出来上がりで〜す。

冷めてもおいしいし、温めてバニラアイスを乗せて食べると最高です。お試しあれ!?

P1010769 (2).JPG

posted by 高津文美子 at 10:22| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

目覚めよアート?!

海外に在住のアーティストの友人たちが、こぞって活動開始。わくわくの招待状が届いたのでちょっとおすそ分け。

nakaoflyer[1] (3).jpg

自然を愛して止まない、私が長年兄のように慕っているカナダ在住の写真家、中尾好孝氏の個展とスペシャルイベントがアメリカで開催。テーマは「水」。写真、音楽、ワイン・お酒、水をイメージした料理、という五感を総動員して楽しめそうなイベント。水が大好きな私。数年前に、水の絵をプレゼントしてもらいました。

ああ、残念だけど私は日本で仕事だなぁ〜。

■ イベント詳細 ■

こちらをクリック
http://www.goris.co.jp/nakao/topic/index.html

**************

西田まこ.jpg
もう一つは、アメリカと日本で活動中のアーティスト、NISHIDA MACOさんの個展。こちらは大阪なので行けるかな?

「時空間-Timespace」をコンセプトの個展のようです。アウトドア大好きのマコさんの絵は、森、山、海、大地といった自然のエッセンスがいっぱい。癒される〜。

2月26日〜3月9日 
Open 12:00〜19:00(月曜日休廊.最終日17:00迄)

オープニングパーティー 3月1日(土)17:00〜(1品持ち寄りパーティー)

〒553−0003
大阪市福島区福島3−1−39 メリヤス会館1F
06−6453−5706
地図http://www.machimusubi.jp/map/1677

http://www.musicfilm.com/maco           
http://www.geocities.com/macoden@sbcglobal.net

****
最近忙しさにかまけてアートとはかなりご無沙汰の私。活動を続けている友人たちにとっても刺激を受けた単純な私。芸術の秋、でなく、芸術花咲く春だわ。

posted by 高津文美子 at 22:57| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

ワオ?!嬉しい悲鳴

2月5日、テレビショッピングの「ショップチャンネル」に出演。1時間の生番組で、「フェイシャルヨガ シェイプリフトローラー」を取り扱っての番組だったのだけど、な・ん・と時間内に完売?!しかも、2回分の在庫が完売してしまったという嬉しい悲鳴。

番組が終わってスタジオを出たら、スタッフの人の顔が緊張で真っ青。「あちゃ〜、なにかやらかしたのかな?」と急に不安になった実は小心者の私。普通のテレビ番組と勝手が違って、ちょっと不完全燃焼で反省すべき部分も自分ではあったし。

「やばいです。凄いですよ・・・完売です」とのスタッフの一言で単純な私は元気復活!ご購入いただいた方、ありがとうございました!私も毎晩、毎朝使ってます〜。

スッピンで失礼〜
P1010982 (2).JPG

ネットでの購入はまだ可能のはずです?!
詳しくはhttp://bms-c.net/products.htmlをご覧ください。
posted by 高津文美子 at 23:19| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

すごい日

今日は旧暦正月と新月が重なった日。

すごいわ・・・

アメリカのヨガの先生から、「新月から満月まではクリエイティブなエネルギーが生まれるときだからどんどん求めてるものをイメージして」と言われた。「満月まで、心も身体も満ちていく時期なのでダイエットにはむかない」とのこと。上弦の月になるまでは、とにかく「大好きなこと、わくわくすることだけをやりなさいね!」ともいわれた。

しかも、旧暦正月と来たか〜。なにかが始まりそうな予感!!

日米の看護婦の友人4人に聞いたところ、満月の日には急患が多かったり、事故が多いらしい。

考えてみたら甥っ子、姪っ子たちは3人とも満月の前後に生まれているし。

「科学的な根拠はない」、といわれながらも、体の60%程が水分で出来ている私たちの体。はやり月の満ち欠けになにか関係していると思ったほうがロマンチックだわ、と私は思いますが、いかがでしょうか?

クリスマス前に行ったアメリカシャスタ山でみた月の写真。美しかった〜。不思議な形の雲に注目。
シャスタ12月.jpg

「チューください」のポーズをとってふざける私。
シャスタつき.jpg


posted by 高津文美子 at 00:48| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

夜の儀式

夜、最近ちょっとした楽しみがある。

それはこれ。湯たんぽ。
湯たんぽ.jpg


湯たんぽに熱いお湯をいれてお布団を温めてふわふわで暖かいベッドにもぐりこんだときの幸福感〜。

やかんでお湯を沸かし、こぼれないようにそっとアルミ製のこのお気に入りの湯たんぽにお湯をいれてる瞬間は私にとってはちょっとした儀式。

不思議だけど、次の日の朝もまだ暖かいんだよね〜。ちょっとエコの生活を楽しんでます。
posted by 高津文美子 at 23:44| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

鬼になった私

結構イベント好きな私。

日本の文化だし、せっかくなので節分の鬼になってみました。
大人になってからのほうが文化を楽しめるし、価値が判ると思う今日この頃。特に日本から離れていると、「お、日本文化をちゃんと伝承しなければ」と妙な責任感が沸き起こってくるのはなぜ?人はそれを年齢を重ねたというのかもしれない・・・

甥っ子セナ。不思議そうに私の顔を見つめてました。
でも、カメラを向けたら、ちゃんとカメラ目線でパチリ。めろめろです。
P1010948 (2).JPG

明日2/5(火) 13:00-14:00 テレビショッピング「ショップチャンネル」で生出演します!商品は「フェイシャルヨガ シェイプリフトローラー」です。今日は早めに寝よっと〜。
posted by 高津文美子 at 18:38| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初恋叶ったり!

ちょっとまだ興奮状態。だって、中学生のときの初恋の相手に会えたから。

相手は、作家の桐島洋子さん。
P1010953 (2).JPG

中学一年のとき、家庭教師の先生が「この本、読んでみたら?きっと気に入ると思うわよ」といって貸してくれた本が「淋しいアメリカ人」(文芸春秋、文春文庫)。

世界観が変わったといってもいいぐらいの衝撃。「こんな生き方があるのか」と、私の今の放牧民・放浪的(?)人生の基礎が出来るきっかけになった本といっても過言じゃないぐらいの影響を受けた本。

実は私は母方の祖母がアメリカ生まれ。父も海外生まれ。そんなバックグランドを持つ両親からは「人は人。あなたはあなた」と、かなり厳しく育てられました。幼少期はテレビも自由に見せてもらえずに、学校のみんなの話題について行けず、かなり悩んだ時期もありました。

「自分はいったい誰だろう」とか「どうして人と違うのか」とずいぶん悩みましたねえ〜。

そんな悩みもピークを迎えます。確か小学4年生ぐらいのときに、夕食の準備をしている母親の横に立って、思い切って「どうして私は変わってるの?」という質問をぶつけたのです。ドキドキしたなあ〜。

料理をしている手を止め、私のほうをくるりと振り向いて、「あなたは変わっているんじゃないの。ユニークなの」と、母の一言。「ユニーク」という言葉の意味も分かってないくせに、なぜか嬉しくなった私。次の日、学校にいって友達みんなに「ねえ、知ってる?私さ、ユニークなんだよ」と得意げに言いまわった記憶あり。

ああ、恥ずかしい。やっぱり変わってたんだろうなあ〜。

「淋しいアメリカ人」後、桐島洋子さんの本はかなり読みました。桐島さんと世界を回った3人の子供、カレンさん、ノエルさん、ローリーさんがうらやましかったなあ。両親に「アメリカの中学に行きたい」と頼んだら、その答えが「まず、日本人になりなさい」。

なので、20歳まで私は日本にいました。その後、カナダに3年ぐらい住んで、アメリカへ移動。気がついたら放牧民族のように行ったり来たりしている今の私がいます。

桐島洋子さんのお宅は、想像していた通り。素敵でした!しかも、たまたま娘のノエルさんも登場。彼女もカナダに住んでいたり、ヨガをしたり、ということで日々ブログをチェックしていた私。まさかノエルさんに会えるとは思ってなかったのでまだかなり興奮ぎみ。
P1010949 (2).JPG

桐島洋子さんも、ノエルさんも自然体で本当に素敵だったなあ。時々文章に惚れてその作家さんとお会いして、自分のイメージと違って「あれ?」という時があるけど、二人はまったくイメージ通り。

私はというと、「ブログや雑誌やテレビで拝見するイメージそのままですね〜」と言っていただける時もあるのですが、仲がいい男友達たちから「黙っていれば女性っぽいんだけど、一度口を開くとねえ・・・」と言われることも。って、口を開くなってことなわけ?

あ、あと「ムンクの顔を好きな人の前でやるのはやめたがいいよ」というアドバイスも。そうかねえ〜。でも、もう遅いわ・・・

桐島洋子さんHP
http://www.yoko-kirishima.net/index.html

桐島ノエルさんブログ
http://www.mylohas.net/blog8/health2/







posted by 高津文美子 at 00:53| サンフランシスコ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

恋人向きの男と結婚向きの男

ここ数日、なぜかこの話題。

ランチをしてても、ディナーをしてても、お茶してても話題がこちらに流れてしまうんだよね。って、私がこの話をしたいからかもね。

ドキドキさせてくれて、セクシーで、おしゃれで、言葉巧みに女心をくすぐる男性が、必ずしも同居人(あるいは自分の子供の父親)として適するとは限らない。むしろ、生活するのはきついだろうなあ〜。

一日おしゃれに気合をいれて生活して、相手の一挙一動にドキドキしてたら身が持たない。仕事も集中して出来ない。

若いときは「恋愛の延長が結婚であるべき」と思っていたけど、40代の友人たちの意見はほぼ、一致する。

「結婚向きの男と恋愛向きの男を見極めるのが大人の女」

どうなんでしょうね・・・

posted by 高津文美子 at 20:57| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。