2009年09月30日

密かな楽しみ

出ました〜。

軽く1時間はお風呂で過ごせる
お風呂きな私が企画・監修したバスソルト。
千趣会マンスリークラブで発売開始です!

かなり無理を言ってヒアルロン酸、トウガラシエキスなど美容にとってもいい成分をこれでもか!と
たっぷり入れてもらったバスソルトですが、
それだけでは物足りないのでフェイシャルヨガカードを
セットにしました。

かなりお勧めです。

お風呂の時間がもっと楽しく、長くなるよ〜。
ちなみに私のこれまでの家でのお風呂の自己最高記録は
3時間半。

ははは・・・。

詳しくはこちらをご覧くださいね。
http://monthly.bellemaison.jp/shins/853160/853160.html
posted by 高津文美子 at 00:51| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

切ないお別れ

10年以上忠実で、頼り切っていたパートナーと
お別れした。

そろそろお別れの時期だとは思っていたけど
なかなか決心がつかずにずるずると延ばしていたお別れ。

メキシコに行ったり、シャスタに行ったり、
海や、山や、いろいろなところに一緒にいった。
沢山の思い出で一杯。

いままでありがとう。
私の愛車、カローラ君。

最後はきれいに洗車してお別れしたかったけど
その願いはかなわず、取りに来てくれたレッカー車が
見えなくなるまで、遠くからぼんやりと眺めていたら
胸がきゅんとなった。

20年間お疲れ様。
posted by 高津文美子 at 13:16| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

人生の転機

別に意識しているわけでないけど
9年ぐらい前から、人生の転機に必ず会う人がいる。

アメリカ在住の高原操ちゃん。
私の大好きなシャスタ山の案内人として
本を出したり、ツアーをしたりして活躍してる人。

操ちゃんとは、たまたま日本からの飛行機が一緒になったり、
私が交通事故に遭遇した日に会っていたり、
私が幽体離脱(?)の経験?夢を見た?ときに夢の中に出てきたり。

で、別に「会おうね!」と約束をするのではなく
偶然に会う。
で、その後になにか人生の変化があるというわけ。

先日操ちゃんがシャスタツアーの帰りに我が家に寄ってくれた。
ランチを食べながら、色々人生の話をしながら
結局たどり着いたのは「人生はどうなるのかわからないよね〜」
ということ。

思考を使って、経験をもとに、色々と考えたように動かないのが人生。
と思えば、ひらめいた瞬間、まるでレットカーペットが用意されている
かのように、物事がスムーズに動いていくのも人生。
まるで、最高の波にのったような感じで、あれよ、あれよ、というまに
力をいれることなく、動いていく。

「これからが楽しみねえ〜」

お互い、すべての可能性、チャレンジにオープンに、
そして思う存分人生を楽しみたいねえ、と語り合った。

これからどうなるの、私の人生。

ふふふ、楽しみです。

操ちゃんのブログ
http://shasta.exblog.jp/
posted by 高津文美子 at 09:14| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

夢を書く日

わあい、やってきました。

今月の新月!

9月19日、朝の3時44分です。
となると、願いごとを書くのに適してるのは
朝起きてすぐ、午前9時ぐらい。

なにを書こうかわくわく。
posted by 高津文美子 at 12:48| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

韓国語版+中国語版

亀のようにしかすすんでいない引越し作業。
いつになったら終わるのかしら、と嘆きながら
本を見てたら出てきたのがこれ。

フェイシャルヨガの中国語版と韓国語版。
Korean and Chinese (2).jpg

愛しい本たち、海外でもがんばってくれてます!
ありがとう〜。

でも、片付けにはこれが良くないのよね。
ダンボールから昔の日記やら、しばらく読んでない本やら
出てきて実際の作業は中止してしまい
しばらく没頭。

あ・・・いつになったら片付くのか我が家(涙)

本といえば、新しいDVD付ムック本が10月に出ます。
ご期待ください〜。
posted by 高津文美子 at 09:39| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

男は褒めごろし!

めったにスナックは食べない私だけど、
ちょっと調子にのって食べ過ぎた。

「ご飯の前のスナックは、ご飯を食べなくなるからダメ!」
子供の頃によく母親から言われていたっけ。

母親は正しかった。

胃がもたれて、むかむかしてなにも食べたくない。

「ご飯なにも食べたくないし、作りたくないよ〜」
という私に、旦那様が、
「じゃあ僕がさっぱりしたサラダを作るよ」
といって私がシャワーをしている間に
作ってくれたのがこれ。
ヘンリーサラダ (2).jpg

ゆで卵は綺麗に4当分されていて、
写真ではあまり見えないけど、チェリートマトは
小さく半分。

梨がまたこれも小さく切ってあって、
インゲンが綺麗に均等にちらばっていた。

そして、これまた細かく綺麗にちぎられたグリーンリーフと、
ちょっとナッツのような香ばしさと苦さが混ざった
私が大好きなアルギュラの味が最高。

アボカドと、ブルーチーズも程よくクリーミーで
かなり感動。

前日にバーベキュークリルで焼いた
お肉がこれまた細〜く切ってあった。

でもね、私が長いシャワーから出てきても
まだ作ってるわけ。
思わず
「え〜?!なんだ、まだ出来てないの?」
と思わず口がすべりそうになったけど
ここは我慢して口をつぶった!!

「美味しい!凄いねえ〜。天才だよ!
食欲がでたよ!!!」と連発する私に
「まあね、やろうと思えば僕だってね」
かなり嬉しそうな顔。

私だったらもっと大雑把に素材を切って
ざっくり混ぜて、さっさと作るけど、
男の人って繊細だわ、と思った。

褒めまくったら私も気持ちよくなったし、
これでまた
「ねえ、あのサラダ作ってよ!美味しかったよ〜」と
褒めまくったらきっと作ってくれるだろう。

褒められて嫌な気分はしないし、
もっと褒めまくって、
「どんどん色々なことをやってもらろう。しめしめ、ひひひ」

と思った出来事でした。

posted by 高津文美子 at 11:13| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

メンタル

今まで大好きだった食べ物が急に食べたくなくなったり、
嫌いだったものを食べたくなったりする時。

こんな時こそ身体の声を聞く。

いままで出来たヨガのポーズが急に出来なくなったとき
気持ちになにか変化がなかったか身体に聞いてみる。

こんな些細なことを面倒だといままで思っていた。

ジムにいって、時間を計ってトレーニングをして
心拍数をチェックしてその日の体調を理解していた。

イチローの語録をチェックすると彼がどれほど自分に対して
メンタルな部分を大切にしているかがわかる。

技術でなく、メンタル。
彼はそれをもろに見せてくれる。
アメリカ人も彼に対しては、尊敬、憧れ、ある種の恐れを
持っている。

世界のイチロー。

よく子供を救うために母親が火事場の馬鹿力をだして
「車を持ち上げた」、「200キロ近い柱を持ち上げた」
なんて話をずっと昔に聞いて
「そんなわけないじゃない〜」なんて思っていたけど
最近は可能だと思う。

メンタルは見えない部分。

自分の気持ちは奥深い部分でふたをして本音を隠すことも
ある程度は出来る。

本当の自分の声に耳を傾ける勇気を持ちたい。

どんな生き方をしたいのか?
人生で求めているのはなにか?

そんな大きな答えをすぐに出せる人はあまりいないと思う。
すぐに出せる人は、すでに人生でなにか大きなことを達成しているはず。

「人生の大きな疑問」を解く前に、
まずは「今日は何を食べたいか?」
「どのエクササイズをしたいか?」
「どのヨガポーズをとりたいか?」
小さな声に耳を傾ける。

そして一瞬として同じでない毎日を
心から楽しむ。

生まれてきたのがミラクル。
これまで無事に生きてきたことがミラクル。

そう考えると人生のちっぽけなことが
どうでもよくなる。

人生は、「人を生きる」と書くけど
運命は「命を運ぶ」と書く。

漢字ってすごい。

産んでもらって、育ててもらって
親に感謝。

友達に感謝。

めぐりあってきた人たちに感謝。

仕事に感謝。

生きてるだけですごい!!!

posted by 高津文美子 at 12:41| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

苦手なこと

のんびりとなにも考えずに過ごすこと。

これ、大の苦手。

ボーっとしてても、頭はぐるぐる、思考は止まらず、
身体は動きたくて仕方ない。

ヨガをしてるのに?
といわれるけど私の周りを見渡したらヨガをしている人
あるいは先生をしている人は結構私のタイプが多い。

「口から生まれたの?」というくらいおしゃべりなクリントも、
動き回るのが好きで行動が早いクリスティーンも
二人ともヨガの先生。

少しのんびりすることを学ぶためにヨガをみんなしてるような
気もする。

「動かず、考えず、のんびり過ごす」

私にとっては禅のような修行です。

まだまだ学びが必要だわ。
posted by 高津文美子 at 15:55| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

アメリカよ・・・

前にも書いたのだが
アメリカのヘルスケアシステムは
本当に面倒。

なにかあったらまずは主治医に相談して
主治医から適切な先生を紹介されて。

これがまず時間がかかる。

しかも、勝手に時間があるときに病院には行けない。
まずは予約を取ってからが基本。

最近は人員削減のためか
オートメーション化がどんどんすすんで
レセプショニストと話せるなんてまだいい話。
ほとんどが留守番電話にメッセージを残す。
そして大体
「いま他の電話を取っているか、席をはずしています。
すぐに折りかえしこちらからお電話します。
メッセージをどうぞ」
とあるがメッセージを残しても
電話がかかってこないのが数日、なんてもよくある話。

そして、痺れを切らしてこちらから電話をしたら
まるで何もなかったように、
「用件は何?」とくる。
そんな時、
「いついつ、メッセージを残したのですが
お電話がないので、こちらから電話しています」
と負けないでプッシュしないとやっぱり気がすまない。

おおい〜!!

以前ひどい時には予約が取れるのが3週間後
なんてのもあって閉口。

日本のように
「この病院評判いいから明日でもちょっと行ってみよう」
なんてのはできない。

なんて面倒なんだろうと思う。

あきらめずに何度もしつこくメッセージ残すのがコツ、
なんてアメリカの友人たちは言うけど。

こんなブーブー文句をいっても
アメリカの気楽さやある意味いい加減(良い加減さ?)
ユルさなんかは私は大好きなんですがね。

医療に関してはもうどうにかしてよ!
と本当にいつも思っている。

ちょっと愚痴ってみました。
posted by 高津文美子 at 04:16| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

キュート!

友人の子供。

グラハム11歳。

フェイシャルヨガを
「全部教えて!」というから
ポーズをとって見せたら
全部上手にまねしてました。
グラム (2).jpg

まだシワも全くないし
すべすべつるつるの
うらやましい美肌。

ティーンエイジャーになるまえの
男の子って本当に可愛い!!!

posted by 高津文美子 at 14:22| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

素朴な味

引越しの整理、なかなか終わらず。

「あ〜・・・いつになったら終わるのやら」
とつぶやいていたらご近所さんから嬉しいものが届きました。

それは、これ。
クッキー.jpg

手作りのクッキー。

中にレシピと家族みんなの名前が入っていて
「おお!このシーン、映画でみたことあるよ!!」と
感激。

素朴だけど美味しかった。

そして、友人たちや、義理の姉や妹が手伝いに来てくれました。
ワインや、花などのお土産を持ってきてくれ、
おまけに手伝ってもらって、本当にありがたいことです。
引越し (2).jpg

義理の姉がダンボールから本を出して
テーマごとに綺麗に並べてくれました。

ふと日本語用の本棚をみたら・・・。

本の80%がさかさまになっていました。

日本語と英語の本は開く方向も違うし
仕方ないけど、思わず大笑い。

全部入れなおしだわ。

まだまだ片づけが続きそうですが
たくさんのサポートに本当に感謝!
posted by 高津文美子 at 12:46| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

最近の出来事

激動の日本からアメリカに戻り
新居に引越し。
(わあい!!)
旦那様と友人たちが私が帰ってくる前日に
引越しを終えてくれていたから楽勝だ!
なんて思っていたら甘かった・・・。

やることてんこ盛り・・・。

しかもすぐにネット環境が繋がらず浦島花子状態。
さすが恐るべしアメリカ。
繋がる予定だった日になっても繋がらず
連絡してみたら「あれ?繋がってないの?おかしいなあ〜」
おいおい〜。

遮断されていた世界とのコンタクトが再開したと思ったら
人生初の時差ぼけ?!
日本暑かったし、体調が色々で、ここ数日朝3時におきて
物を食べたりと、ちょっとこれってどうよ!の生活です。

なんて書いたら激動の日々を送っているようですが
実際は今度の家は郊外でとっても静か。
前のアパートは、狭かったけど超最高のロケーションで
前にはコーヒーショップ、斜めにはヘルシーなレストラン
隣はワインバー、反対の隣はスペイン料理。
最高に楽しかったロケーションだったので
この家に引っ越してきてちょっと一息ついてます。

一息といえば今回の日本は激動でありました。
短い滞在だったし、仕事盛りだくさんだったから
あまり友人たちにあえずに残念だったけど、
そんな中15年ぶりに会った友達たち。

みんな変わっているかな?
どんな話をしようかな?
なんて考えていた自分が笑えるぐらい。
待ち合わせの場所に行ったら100メートル以上も先から
すぐにわかりました。
これって凄い?!
みんな変わってないの!!
3児の母親になっていたりしても、
一気に気分は当時のまま。

話の内容は20年近くも前に戻ったり、
自分が忘れていることを他の人が覚えていたり。

新しく人と知り合うのも大好きだけど、
昔の友達たちと会うのもいいなあ〜と思った時間でした。

楽しくて、切なくて、胸がきゅんとした瞬間。

いくつになっても、思い出はきらきらしていて
その瞬間は永遠。

当時大人になるってどんなことだろう、って思っていたけど
人って本当に根本的には変わらないんだね。

みんなありがとう〜。
再会2009年.jpg





posted by 高津文美子 at 22:21| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。