2009年11月25日

お見せできない〜

「一週間に一度まとめてフェイシャルヨガをするより
毎日3分でもいいので、続けてくださいね」
と、生徒さんたちに常日頃伝えている私。

身体も、顔も、一日でも動かさないと
硬くなります。

が・・・。

原稿を書いたり、ポーズを考えている時の私の姿。

はっきりってよそ様にお見せできない・・・。

「もうちょっと、ちゃんとしようよ〜」
と自分に言い聞かせてるけど、
髪の毛洗いっぱなし、ノーメイク、
ジャージ姿の自分はやっぱりやばい・・・・。

「今日はで仕事をするからいいや!」
なんて甘い!って分かってるんだけどね。

「毎日きちんと身だしなみを整える」
といえば、拝みたくなるような方と
この前仕事と休暇を兼ねて行ったシャスタでご一緒した。

naked ape というユニットで漫画を描いている咲木ちゃん。

咲木ちゃん、
「お仕事はヘアメイク?」と言えるほどの知識,経験,説得力。
シャスタ滞在中に、熱くメイクの実践を同行した女性軍に
しっかりと伝授してくれました。

「髪の毛振り乱して、原稿しめきりぎりぎり
徹夜、はちまき」

という、私の持っている漫画家のイメージを
一掃してくれました。

咲木ちゃん、いきなり、
「化粧ポーチの中身を見せてください」
と、女性軍のポーチをチェック。

「これ、いりません」
「これ、捨ててください」
「これ、なんですか?」
・・・・。

私の化粧ポーチの中身をみて、
「これだけですか?」
あきれ顔の咲木ちゃん。

「仕事ではヘアメイクをしてもらうから」
とか
「シンプルが好きだから」
とか
「山に来てるから」
とか、いろいろしどろもどろに言い訳(?)をする私に
「分かりました。でも、旦那さまの前では
ちゃんとメイクしたほうがいいですよ」
と、あっさり。

そうだよね。
ごめんね、ダーリン。

私がメイクなどしてなくても
「いいよ」と言ってくれるけど
きちんとメイクをした日には
「おお、今日はきれいだネエ〜」と
嬉しそう。

それに甘えてはだめだよね〜。

咲木ちゃん曰く、
「朝15分のちょっとしたお手入れやメイクが
一日にメリハリをつけてくれるし、女性を綺麗にしてくれます」
と、きっぱり。

きらきら綺麗な咲木ちゃん、
すばらしくブラボー。脱帽です。

咲木ちゃんのブログ
http://blog.livedoor.jp/naked_apes/archives/1031208.html

私の机の上。
原稿.jpg

とほほ・・・。

「美は一日にしてならず」ですね〜。
posted by 高津文美子 at 14:41| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

引き寄せの法則

「欲しいものは手に入るんだ〜」

天に向かって大声でそう叫びたくなった
ある日の出来事。

「カニが食べたい〜」
突然甘いカニの味を思いだして
夕食中に口走った私。

その数日後、
近所のジャックが
「カニ狩りに行ったけど、カニ食べる?」
と、なんとまあ採れたての新鮮な丸々とした
カニを2匹持ってきてくれました。

早速「西海岸のサラダの王様」と言われている
クラブ・ルイ・サラダを作りました。

美味〜。
さすが王様だわ。

このサラダ、発祥は1904年のシアトルのレストランだ、とか
1910年のサンフランシスコのレストランだ、とか、
いろいろ説があるけど、美味しくて白ワインと
最高の相性〜。

作り方は簡単で、カニ缶、カニカマでも出来るので
お試しあれ〜。

レタス、アボカド、トマト、アスパラ、キュウリ
固ゆでゆで卵、オリーブとクラブミートをサラダボールに盛る。

ドレッシングは、マヨネーズ、ディル、ケチャップ、カレー粉を
適当に混ぜたもの。

見た目は普通で超簡単だけど美味。
law of attraction.jpg

それにしても、
欲しいもの、想っているものを
口に出したり、書いたりすると手に入る!
ということを実践してるつもりだったけど、
食べ物でもそうなのね!

「引き寄せの法則」って
いろいろな所で使えるわ、と
感心した出来事でした。

ジャック、ありがとう!

ちなみにジャック、
「カニ採りに行くのは楽しくて好きだけど
食べるのはあんまり・・・」だって。

いつでも採れたカニは我が家に持ってきてね!


posted by 高津文美子 at 12:42| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

毎日

ちょっと最近いろいろありまして、
ボディーのヨガが出来ない状況でした。

で、やっと再開。

いやあ〜。
身体は正直ね。

たった数日でも
身体は変る。

「え!!なんでここが硬いの?」
「あれ?感覚が違う・・・」
「うへっ、気持ち〜」

フェイシャルヨガもそうだけど
一週間に一度じっくりするよりも
お風呂に入っての5分間、
寝る前の2分間が大きな変化をもたらす。

習慣を変えると生活が変るし
気分が変るし、人生も変る。

顔は正直。

いらいらしたり、不満や不安を抱えたままだと
いくら寝ても次の日の朝の顔は、いまいち。。。

その日のうちに、顔はリセット。

身体もしかり。

自分の顔と身体に責任をもって生きたいものですなあ。
posted by 高津文美子 at 13:59| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

地球は生きている

友人から送ってきた写真。

南太平洋で撮影されたらしい、
島が誕生する写真。

こんなものをみたら、
地球が生きているということを
改めて感じずにはいられない。

煙がもくもくと出て、灰が降ってきたかと思ったら・・・
島.bmp

島2.bmp

あれ、なに?
島4.bmp

おおっ、島が誕生!
島6.bmp

もう、こんなものをみたら
日常のちっぽけな悩みとか、考えていることが
どうでもよくなってくる。
自分が宇宙の壮大な舞台で
生きている、いや、生かされている、
と思う訳です。

茶色の土から、時期が来たら目を出し
美しく咲く花なんて自然のマジックとしか言いようがない。

顔のしわや、しみが出来ても
やっぱりアウトドアはやめられないし
自然と戯れることは最高に楽しい。
細胞が喜ぶのが分かる。

ちなみに伊豆半島は太平洋プレートの
移動により出来たもので、
その際に生まれたものが富士山。

ハワイは一年に5センチのスピードで
日本に接近しているとか・・・。

ハワイに歩いて日本からいけるようになったら
いいなあ〜。

でも、カナダの大氷河は一年10センチの
スピードで溶けて後退しています。

これも事実。

どうすればもっとエコな生活が出来るのか、
もっと地球に優しい生活ができるのか。

我が家は家庭菜園をしていますが、
その他の食料は、季節のもの、
土地で出来たオーガニックの物を
出来るだけ食べています。

値段も高いし、見た目もいまいちなんだけど
身体にも、地球にも優しい。

最近密かにたくらんでいるのが
庭でニワトリを飼うこと。
新鮮な卵を食べたいし、せっかくのオーガニックの
食材から出る野菜のくず、ニワトリに食べさせるか
畑の肥料にしなかったらもったいない?!

ちなみに、私は生理の時には手作り布ナプキンを使用。
もう10年ぐらい続いています。

これ、本当にお勧めです!


posted by 高津文美子 at 05:35| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

あたり前にならないために

我が家は私が料理担当で、
だんな様が掃除
庭の手入れ
ごみだし
その他云々を担当。

で、料理担当の私にかわって
だんな様が作ってくれたメキシカンな夕食。

以前の私なら
「あれをこうして、これもこうやって」と
キッチンに入ってつい余計な口を出していたけど
何も言わず完全に任せてみた。

「え〜たまねぎはそうやって切るの?!
「そんなにそれを使うの〜」
なんて口が滑りそうになったけど
ぐっと我慢してじっと座ってみていた。

出来上がったものは、
超美味しかった〜。
メキシカン.jpg

で、思った。
何か任せるというときは、
100%任せたがいいんだと。

誰だって
「ああだ、こうだ」って
言われたら嫌だしね。

任せて、感謝したらそれだけでいいときもあるんだと。

次の日郵便受けに私宛の手紙が届いた。

「意識して毎日に感謝して
当たり前にならないようにしているけど
時々こうやってあらためて感謝と愛を送ります。
云々・・・」

だんな様からの手紙だった。

ありがたいねえ〜(涙)

私は自分を振りかえってちょっと反省した。
生活が当たり前になっていないか。
最近ちゃんとおしゃれしているか。
ヨガウェアのまま一日中過ごしていないか。
だらだらしてないか。
ちゃんと顔を見て笑顔で返事しているか。

次の日、ちょっとおしゃれをして
ちゃんとメイクをしてみた。

やっぱり気分が変る。
外に出ても、人の対応が変る。
「ノーメイクでいいよ」なんていつも言ってるけど
やっぱりだんな様も嬉しそう。
メイクぐらいでこんなにいろいろ生活、人生
変るならお安いもの。

家族だからこそ
あたりまえにならないようにしたい。

これがなかなか時々意識しないとねえ。


posted by 高津文美子 at 07:42| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

とっておきのあま〜い唇

冬、かさかさの唇はNG!

で、試して欲しいのがこれ。
リップ1.jpg
たっぷりと蜂蜜を縫って、
その上からラップを張ること20分。

この間、
私はパワーナップをするのが大好き。
うひひ。

20分後。

じゃじゃーん。
リップ.jpg
ぷっくり、あま〜いリップの出来上がり。

ノーメイクでもイケル?!

アメリカの雑誌で読んだんだけど
平均してアメリカ人女性、
一生に10本分の口紅を食べていることになるらしい。
10本ですよ!!

唇はしゃべったり、物を食べたり、飲んだり、キスしたり
塗ってるものが体に入りやすいのね。
それに、唇って本当に一日中忙しい。

だからこそ、こんなナチュラルなケアがお勧め。

でも、一番大切なのは水分を十分に取ること。
唇が乾燥しているときは、体はかなり水分量が低くなってるはず!

唇の感覚が、体の水分量の目安。

いくら外からリップを塗りまくっても、
元が乾燥していたらやっぱりかさかさ。

お風呂に入るときにこれすると
きれいなピンクのリップが出来上がり。

お試しあれ!

posted by 高津文美子 at 08:23| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

好きだけど面倒だと思うこと

最近暖かな日が続いていたので
ややいつもより短くなっていたバスタイム。

ちょっと温度が下がってきて
またまたバスタイム再開!

大好きなお風呂は、
3時間ぐらい平気で入れます。
(ライトな自慢?!)

水に濡れてもOKのメモ帳も忘れずに
(水につかっている時はアイディアがあふれ出るのです)
身体の内側から水分補給をすることも忘れずに
グラスにたっぷりのお水を持って
いざバスタイム!

で、これ、これ!!!
忘れてはならぬ、
ファイシャルヨガタイム。

結構いろいろ考えて作った
お風呂でも使えるフェイシャルヨガカードと
バスソルトのセット。

カードはこんな感じ。
バスソルト4.JPG

バスソルトはこんな感じ。
バスソルト3.JPG

セットはこんな感じ。
バスソルト.JPG

もっとお勧めなのが
フェイスソープをしっかり泡立てて
泡を顔に乗せたまた行うフェイシャルヨガ!

その後100回洗顔。
(詳しくは新刊「美顔ヨガ」をみてくださいね)

自分の顔をみて
「はあ〜垢抜けたわ〜」と思う瞬間。
絶対に試してみて!

実はお風呂は最高に好きだけど、
お風呂から上がるのが面倒な私。

指一本動かさずに体を乾かしてくれて
ローションやオイルを塗ってくれて
マッサージをしてくれて
髪を乾かしてくれて
最後にパジャマを着せてくれるような
機械が発明されたらいいなあ〜
と本気で思うのです。

で、出来ればその日の気分で選べるアロマと
気分にぴったりの音楽が流れていて、
その日の体に必要な成分が
入ったドリンクが出てきて。

全部指一本動かさずに行えるといいなあ〜。

お風呂に入っている時間が長すぎるのかもしれないけど・・・。

フェイシャルヨガバスソルト
詳しくはこちら
http://monthly.bellemaison.jp/shins/853160/853160.html
posted by 高津文美子 at 15:49| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

義理の父が亡くなって半年が経つ。

いままで義理の父がやっていた夫の実家の
庭仕事やら、車や家の細かなメンテナンスなど
夫がやっている。

私たち夫婦も自分たちのことで忙しく
最近あまり頻繁に夫の実家に行くことは出来ない。

久しぶりに夫の実家に行ったら
義理の母親が本当に嬉しそうだった。

夫がポツリと
「若い時にはあまり感じなかったし
面倒だな、とおもったこともあった家族だけど
家族っていいよね」と。

夫には6人の姉妹
弟が1人、という大家族。
そして、その長男。

義理の父親が亡くなって
夫の家族に対する意識が変った気がする。

もともと母親に対して優しかったけど
最近は以前にまして、優しくなった。
義理の父親の代わりの役割と、
息子としての役割、二役をこなしている。

そんな姿を見ていたら
私も日本の両親のことを思い出した。

若いころには当たり前に思っていた両親だけど
改めて振り返ってみると、
本当にここまでよく私を
信じて、サポートして育ててくれたなあ、
と思う。

もし、自分が娘を持ったとして
私と同じような生き方を選んだとしたら
ハラハラして、思わず目をつぶりたくなるかもしれない。

私は「石橋をたたいて渡る」
タイプでなく
石橋があることさえ知らずに渡ってしまい
後で後ろを振り返り、
「わあ、よくあの道を越えたなあ〜」と自分に感心してしまう。

それほどこれまでの人生で沢山の冒険や、賭けをした。

でも、ここにこうやっているのは、家族や
いろいろな人たちのサポートや理解のおかげだと思う。

いろいろな絆があって、ご縁があって
ここにいる自分。

ありがたいな〜。

夫の実家の食卓。
落ち葉を使ったテーブルのデコレーションに
秋を感じた。
dinner.jpg




posted by 高津文美子 at 16:28| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

またやってしまった。

これ。

またやってしまった。

トースターでジュツ・・・。
火傷.jpg

この手の火傷は結構肌に残るのよね〜。
でも直してみせる!

火傷には私はとにかくローズヒップオイルと
ラベンダーオイルと馬油。
魔法のようなオイルたちが大活躍。

前にも書いたけど、以前30名ぐらいの
大人数のパーティーで胡麻団子が破裂して
油を手にかぶって大火傷をした私。

「油で火傷したのに、油を塗るなんて
邪道!」と多くの友人たちに非難されながらも
(特に馬の油、というのは結構みんな抵抗があったみたい)
「これが効くの!」とこの3つのオイル、塗りまくったら
いまは全く跡形もなく、完治!!!

家庭に必ず置いて欲しいオイル3点セット。

posted by 高津文美子 at 13:26| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

眠れない夜

昨日はベットに入って
なかなか眠れなかった。

そのうちいろいろなことが思い浮かんで
ますます目は冴えるばかり。

思い切ってベットから抜け出し
キッチンにいってホットミルクに蜂蜜を入れたものを
飲みながら庭に出てみたら
見事な満月。

ああやっぱり・・・。

私、満月の日には寝つきが悪いのです。

満月といえば、願い事リスト。
書きました〜。
だんだん願いことがシンプルになっていっている
気がする。

最近「願い事リスト書き」にはまっている
義理の姉にも連絡をして、わくわくしながら
ベットに入ったはずなのに眠れないとは
結構辛い。

それにしても、古今東西満月にまつわる話がある。
昔から人は満月になにか不思議な
思い、畏敬の念を抱いていたんだろうな。

日本ではかぐや姫。
西洋では、満月狼男や吸血鬼。

赤ちゃんが生まれるのも満月が多いとか。

「急患や交通事故も多いから、満月の日は要注意」
と看護婦の友人から聞いた話。

ふむ〜。

ちなみに、満月から新月まではダイエットに最適ですよ。
無駄なものをそぎ落とすのにいいわけです。

それにしても、昨日の月は美しかった。
posted by 高津文美子 at 01:01| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

本気で遊ぶ

昨日はハロウィーン。

ハロウィーンといえば、子供たちの仮装とお菓子。
我が家もお菓子を買って準備してました。

日没後、ドアのベルがけたたましくなったかと思うと
それぞれ仮装してやってきた子供たちが
”Trick or treat.”
「お菓子くれないといたずらしちゃうぞ」
といいながらやってきた。
ハロウィーン.jpg

お菓子を選び、
手に取る子供たちをみながら
「性格でるよなあ〜。」
と思いながら観察。

がさつに手を突っ込み掴み取る子。
念入りにチェックして、好きなものだけを取る子。
遠慮がちに一番上にあるお菓子だけを一つだけ取る子。
ちゃんと「ありがとう」とお礼を言う子もいれば、
お菓子を握ったら一目散に逃げていくような子もいて
見てるほうが面白かった。

現在我が家にホームステイ中の諒太郎君。
ジャンボパンプキンをカービング中。
ハロウィーン1.jpg

友人ステファニーとスティーブのベイビージェイムスも
まだ4ヶ月なのにちゃんとコスチュームで仮装。
ハロウィーン2.jpg

そして、これ、大人の仮装風景。
ハロウィーン3.jpg
みんな乗りまくってました。
かなり時間とお金をかけただろうなあ〜という人から、
目のやり場に困るような衣装の人も。

写真のピンクのバレーリーナのような衣装を着た男性。
本気になってバレーを踊ってました。

アメリカ人の遊びに対する情熱はすごい・・・。
しかも、大の大人だよ?!
遊びに大人も子供もないんだよね。
でも、みんな本当に楽しそうにはじけていた。

私は今年は仮装はなし。
例年は日本の女子高校生の仮装でもしようかな。
以前、芸者の仮装をしたけどあまりに普通で今ひとつだった。
もっとクリエイティブにならないとね〜。

posted by 高津文美子 at 07:50| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。