2010年01月29日

身体が・・・

2日続けて友人夫婦が子連れで遊びに来た。

一日目は15年来の友人、ロバートとアンドレアと3人の子供たち。
二人が結婚する前から知っているカップルなので3人の子供の成長に
目を見張るばかり。
ロバートとアンドレア.jpg

この日はティータイムにした。
ジョンとクレア1 (2).jpg

次の日はクレアとジョン。
じっとしていられない二人の子供。
やんちゃだねえ〜。

この日は日本風ランチ。
ジョンとクレア.jpg
「なにも持ってこないでいいよ!」
と伝えていたけど、どちらのカップルも
ケーキとパイを持ってきてくれた。

で、勿論頂きました。

普段あんまり甘いものは食べない私。
が、2日続けて甘いケーキ、パイを食べたわけ。

しかも、残ったパイやケーキは、やっぱり目の前にあるので
食べてしまった3日目。

さすがに身体が変になった。
うまく言えないけど、食欲がちょっとなくなって
「もうしばらく甘いものは要らない〜」と
いうような反応。
頭もなんかボーっとする。

2日食べたら、3日目もなんとなく甘いものが欲しくなって
残りのケーキとパイを食べた私が悪いのだけど。。。

いやはや、身体、正直です。



posted by 高津文美子 at 08:47| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

始まりました

いきなりですがアメリカのヘルスクラブに入っている人の割合は
32%。

そして、ヨガスタジオに通っている人の割合は6.8%。

これが、一月には気合を入れてみんながんばるんだよね〜。
スポーツクラブも最近はいつも込んでます。

そして、アメリカでのフェイシャルヨガ「ビフォー&アフター」レッスン第一弾が始まりました!
P1020974 (2).JPG

新年あけてみんな意気込みが違います。
関係ないけど、アメリカの生徒はとにかくよくしゃべる・・・。
P1020972 (2).JPG

日本人と比べて、2週間後にどのような変化が出るか私もとっても楽しみです。

みんな毎日ちゃんとトレーニングしてね!

posted by 高津文美子 at 12:05| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

自分が好きですか?

久しぶりの撮影。
撮ったビデオのチェック!

結構真剣なまなざし。
P1020968.JPG

カメラマンのジョージはとっても穏やか。

はじめの頃は彼がポツリというジョークが理解できずに、
いちいち真剣にまじめに対応していたけど、
慣れてくると彼の口から出る55%はジョークということが判った・・・。あはは・・・。

今年もよろしく、ジョージ!

それにしても、録音された自分の声を聞くのって
どうしてこんなに嫌なんだろう。

幼い頃、はじめて自分の声をカセットテープに録音して聞いたときの
ショックは忘れられない。

「私、こんな声じゃない!」

自分のすべてを、状況を受け入れるって、結構大変。

日本の姪っ子がまだおしゃべりもできないぐらいの時に
玄関の鏡に写った自分をうっとりと眺めている姿をみて
「ああ、この子、自分を本当に好きなんだな。いいなあ〜」と心から思った。

私にもそういう時期があったはず。

「あれがこうだったら」
「もっとこうだったら」
と条件をつけるのでなく、自分、自分の周り、自分の世界をすべて受け入れたい。



posted by 高津文美子 at 11:30| サンフランシスコ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

生きるって?

一昨日バークレーにいるタレント沢山持っている友人キョンちゃんとランチをした。

日本出身だけど、いまはアメリカ在住。
南米に住んでいたり、スペインに住んでいたりととってもインターナショナルな彼女。

で、日本人とアメリカ人の感覚について比較論になった。

最近日本に一時帰国したキョンちゃんいわく
「日本人は基盤がしっかりしている。経済的にはたくわえがあるし
ちょっとやそっとのことでも大丈夫だと思う」

アメリカ人はたくわえってない人が多いから、
「来月どうしよう〜」なんて言ってる人たち、
本当に来月どうなるか分からない人もいるもんね。

日本人はやっぱりこつこつ働いて貯める蟻で、アメリカ人は一瞬を楽しむキリギリスかなあ?という結論になった。

一瞬を楽しむといえば、もっと極端なのはブラジル人?

以前にブラジルの友人、パウロが日本に来たことがある。
彼は自宅にサッカーフィールドがあるほどのお金持ちで、
大のサッカーファンで、ブラジルのチームが遠征に行くところ
ついて行く。

その時、ディビット・ベッカムが所属していたマンチェスタ・ユナイティッドとの試合。ずいぶん前の話ですね〜。13年ぐらい前?

私はパウロと一緒にブラジル人応援団と一緒にチャーターバスに乗り込み、サッカーフィールドへと向かったけど、その盛り上がりが半端でなかった・・・。

アルコールも飲んでないのに、バスの中ですでにみんな盛り上がり、踊り、歌い、バスが揺れていた・・・。

結構ノリがいいし、「ラテン系」といわれている私でさえ、おとなしく引き気味。

「試合が終わってから何かパーティーあるの?」とわくわくしながら聞く私に、

「試合が終わったら、半分以上はそのままブラジルにとんぼ返りする」とパウロ。

・・・・。

トンボ帰り組は、お金がなくても、明日、どうなるか分からなくても、サッカーの試合は逃したくないからお金をかき集めて日本に来たらしい。

「日本は何でも高いし、アルコールも高いからみんな試合が終わったらそのまま飛行場さ」

はあ〜?

長い時間をかけて地球の裏側まで来て、観光もせず、日本食も堪能せず、そのまままた地球の裏まで帰るわけ???

あっけに取られている私をみて、パウロは
「ここに来ている人たちはまだましだよ。僕たちがブラジルを出発するときには本当にお金がない人たちは、応援団を応援するために飛行場に集めってくれたんだよ」と。

その数、なんと500人以上だったらしい。

その感覚、ちょっと分からない、という私に
「みんなサッカーに命をかけてるのさ。生きることは情熱を持つことだろ?」とパウロ。

参りました。

ちなみに、その日の試合、ブラジルは負けました。

パウロを含む応援団、みんな大声を出して泣いていました。

真っ赤に目を腫らして、落ち込んでいるパウロをみたら
声もかけることができなくて本当にかわいそうだった。
男の人が大泣きしているのを見たのは初めてだったから
どう対応していいか分からなかったし。

でも、次の日はすべて忘れてけろっとしているパウロ。

さすがラテンね〜。

金持ちのパウロは2週間ほどたっぷり日本を堪能して帰りましたが
ブラジル人応援団たちを見たのは、サッカーの試合のときだけでした。

人生にかける想いって、本当に違うなあ、と感じた出来事。




posted by 高津文美子 at 03:53| サンフランシスコ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

美しすぎる

そうそう、忘れていたのですが12月31日、
ブルースとジョニーの家でのカウントダウンパーティーで取った
満月の写真。

アメリカでは12月は満月が2度もあり、
この月は「ブルームーン」と呼ばれるもの。

空を見上げると、雲の流れの中で
きらきらと輝く月がありました。
P1020950.JPG
自然の美しさはどうしてこんなに綺麗なんだろう。

それはそれが一瞬であるから?
計算されたものでないから?

当たり前に思っている毎日の中でも、
沢山の美があふれていて、要はそれに気がつくかどうか。

幸せなんて、そんなものかもしれない。

他人の幸せに目が行ってばかりで、自分の周りにあふれている
幸せに気がつくかどうか。

今年は小さい沢山の幸せにもっともっと気がついていきたいなあ〜。


posted by 高津文美子 at 06:04| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

なんちゃって!

なんちゃってお雑煮を作ってみた。
お雑煮.JPG

日本の母の味を思い出しながら
昆布だしのお雑煮。

「悪いことはするめえ〜」ということで
スルメを入れ、
「喜んぶ」ということで
昆布を入れた。

美味しかった〜。

お雑煮は地方、家庭によっていろいろで
友人の家では、味噌味のつゆに、あんこもちをいれるとか、
もちは焼いたらいけないとか、
いろいろあるみたいですね。

若いときにはまったくどうでもよかった日本の文化や
食生活を見直しているこの頃。

そして、いかに自分が日本のことを知らないか
あっけに取られることがある。

アメリカ人の友人のほうが、日本の文化の細かいことを
知っていたりして、びっくりすることがあると、
「ああ、もっと日本の地理や文化や歴史をまじめに学んでおけばよかった」と後悔しまくり。

でもね、中学生や高校生のときって、とにかくテストさえパスすればOKの感覚だったからねえ。

大人になって分かる勉学の本当の意味。

PS.1月8日つけのフットマッサージャーですが
Homedicsの製品です。健康グッヅラインが豊富で楽しくて仕方がない!!!
posted by 高津文美子 at 14:59| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

女性は太陽だ

女性は家庭の太陽だと思う。

日本の母親も明るくてその場にいたら
まぶしい位(しかも、よくしゃべるし・・・)

アメリカの義理の母もいつも明るくて
綺麗で太陽のような人。

その義理の母が体調を崩している。
夫と実家に行くと、いつも家の中が
義理の母がいるだけで愛があふれていて
きらきらしているのに、
今回は静かですべてがグレーに感じた。

人のエネルギーは大きい。
人が発するエネルギーには計り知れないパワーがあると思う。

周りを明るく照らしてくれる義理の母のエネルギーが
早く元に戻ってくれることを願っている。

そして、私も年齢を重ねても
元気なエネルギーを発信し続けたいと思う。
posted by 高津文美子 at 15:45| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

これ、これ!

最近机に向かっていることが多いので
これが役に立ってます!

フットマッサージャー.jpg

フットマッサージャー。

暖かくなるヒーター付きで
しかも、マッサージのレベルも3段階に
調整できるという嬉しい優れもの。

座ったままの状態が長く続くのはよくないとは
分かっているけど、つい集中してしまうと
あっという間に時間が経つ。
以前は、90分ごとにタイマーをかけて
動くようにしていたけど、
ついタイマーを切って
またPCに向かってしまう。

これ、よくない習慣。

そして、気がつくと足がむくんでる!
むくんで無い時と比べてなんと
1cmぐらい違う時もあるからねえ。
特に夜は、寝る前に必ずその日のむくみを取るようにしています。

今の時期、手放せないアイティム。


posted by 高津文美子 at 10:11| サンフランシスコ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月07日

元旦

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!!!!

元旦は、目が覚めたらダーリン君がベットに
朝ごはんを作って持ってきてくれました。

って、本当は目が覚めていたのですが、
ダーリン君が朝食をつくっている間、
寝たふりをしていました。
へっへっへ〜

普通は朝起きてヨガをしてから朝ご飯を食べる習慣なので
「朝ごはん出来たよ〜」とベットに運んでもらっても、
「え〜、ヨガしてからがいいなあ〜」と心の中では
思ったのですが、まあ、せっかくなので頂きました。
正月.jpg

ありがとう!

その後たっぷりとヨガの時間をとって、
元旦は始まったのでした。

今年も健康で楽しい一年になりますように!!
posted by 高津文美子 at 14:23| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あっという間に

12月31日。年の瀬。

が、周りを見回すとクリスマスのデコレーションも
残っていて、なかなか正月気分にならないアメリカ。

年末というのにカリフォルニアの州都であるサクラメントは、
州庁舎もいまだクリスマスツリーが飾ってあるまま。

あれれ、いつまでこのまま?
P1020947.JPG

うむ〜。なんとまあ、気楽というか、適当というか?
さすがアメリカだわ。国民性を感じます。

クリスマスといえば、やっぱりプレゼント?
夫の実家始まるプレゼント交換。
みんな真剣です。
P1020942.JPG

そして、このあとお腹120%満腹になるまで
食べる、ディナー。

そうそう、それはそうと
今日は満月です。
「ブルームーン」を呼ばれる満月が2度ある12月。
一年の締めとして、いい感じ〜!

また激動の(?)予感がする2010年へ
カウントダウンです!!
posted by 高津文美子 at 09:45| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。