2010年12月30日

クリスマス その1

クリスマスイブの朝は
夫が作ってくれたパンケーキで始まりました。
ミルクたっぷりのミルクティーとグレープフルーツをそえて
のんびりとブレックファースト。

普段はたっぷりのフルーツと豆乳、ヨーグルトのスムージーと
ミルクティー、トーストというように結構ヘルシーなものなので
パンケーキの朝食はスペシャルで嬉しい!
P1050857.JPG

その後夫の実家へ移動。

そして、迎えたクリスマスの朝。
クリスマスの朝はエッグノッグにラムを入れたドリンクで乾杯。
P1050871.JPG

亡くなった義父はスイスイタリア系とドイツ系のアメリカ人。
義母はフランス系とアイルランド系のアメリカ人。
そのためか、イベントでは結構イタリアを意識することが多い夫の家族。
イタリアのクリスマスの伝統的な菓子パン、パネットーネを食べました。
ちなみにパネットーネは、パネットーネ種の酵母を発酵させたブリオッシュ生地の中に
レーズン、プラム、オレンジピール等といったドライフルーツを刻んだものを
混ぜ込んで焼き上げた甘く柔らかなドーム型の菓子パンのこと。
P1050873.JPG

その後ベーコン、卵、というとってもアメリカンな朝食。
P1050878.JPG

まるで私にしたら朝からお菓子を食べてるような感じ。

そして、今年のクリスマスメニューは
なんと「日本食」。

いったいどうなることやら・・・・。

(続く)




posted by 高津文美子 at 16:27| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

走りまわる師走

師走。
いや〜走り回っています。
時間がぎゅっと凝縮してる感覚。

会いたい友達、連絡をしたい友達。
お世話になっている人たち。

そんな人たちに暖炉の前で
優雅に手書きのクリスマスカードを書きながら
ミュージックを聴く。
なんていうイメージとは程遠い毎日。
とほほ。
クリスマスカードがお正月の年賀状になりそうです。


そして、そんな中やっとツリーを買った我が家。
即席クリスマス気分。
ツリーのフレッシュな香に心癒されています。
P1050801.JPG

P1050833.JPG

リースは買うのを結構躊躇していました。
というのも、結構な値段だし
クリスマスが終わるとすぐに捨てるのもなんだし。
そう思っていたらガーデンセンターで
廃材として捨てられていたもみの枝を発見。
早速頂いてきて作ってみました。
凝ってないので15分ぐらいで出来てしまった。

P1050786.JPG

どうにかクリスマスに間に合いそう?!
posted by 高津文美子 at 19:42| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

叫びたくなった夜

21日の夜は叫びたくなった夜でした。

まず、満月。
そして、皆既月食。

カリフォルニアでは
0時16分が完全月食。

天気予報では曇りとなっていたのですが
自他共に認める晴れ女の私、絶対に晴れるはず!
と信じていました。

夕食を終え、シャワーをして暑く着込んだ私は
11時ごろ庭へ出てみると・・・。

欠け始めた月が浮かんでいました。

ちなみに満月の夜は身体が物事をとにかく取り込もうとすると言われています。
白湯を片手に、
顔にパックをして保湿をばっちりしながら
ヨガマットを外に広げ身体を横たえると
なんともいえない不思議な感覚。
自分の存在がちっぽけに感じ
「生きている」というより
「生かされている」という感覚。

皆既月食のピーンと張り詰めた寒さの中で
顔にパックをしたままヨガを始めると
(おそらく他人がみると凄い恐ろしい光景だったはず)
聞こえるのは自分が呼吸する音。

当たり前だけど
心臓が動いて
呼吸をして
毎日休むことなく働いてくれる身体。
そして、色々な感情がある心。
「身体は魂の社だから大切にケアしなきゃ」という
言葉がふと思い浮かびました。

宇宙のこの壮大な光景を
ひとりで見るのはもったいないなあ、と思い
夫を起こしに行ったのですが
1分ほどで寒さと眠さに負けて寝室へ。
全く〜もったいないなあ〜。

結局1時間ほどずっと空を眺めたり
ヨガをしたりして外にいたのでベットに入ったのは
1時過ぎ。

次の日は睡眠時間も少なくて疲れているはずなのに
心身ともにすっきり!
朝からフル活動。
日本のフェイシャルヨガのYOSHIKO先生と
スカイプでポーズの確認をして一日が終わりました。

偉大な自然に感謝!
叫びたくなるような感動、満足な一日。

写真を撮るのを忘れていたのが残念!
National GeographicからNYの皆既月食の写真。
full moon.jpg
(写真:National Geographic)
posted by 高津文美子 at 11:35| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

うわさはホントだった!

ママ友から
「子供がデイケアにいくようになると
子供からうつされてママが風邪ひくよ〜」
とよく言われていました。

正直基礎体力には自信があるから
あまり真剣に受け止めていなかったのですが
最近娘がお呼ばれのクリスマスパーティーやなんやらで
他のベイビーたちと接する機会が多いからか
私は風邪ひきっぱなし。

確かに子供のパーティーに行くと
必ずといっていいほど鼻水垂れている子が一人はいるし
娘は手やおもちゃを舐めているし。

先週もパーティーにいくつかいって
娘は元気、私は鼻風邪。

週末は夫の実家に家族で行ったのですが
ヨガもせずに私は寝てました・・・。

ママは風邪を引きやすい、といううわさはホントだった。
なにか対策を練りたいものです。

さて、アメリカはかにのシーズン真っ盛り。
月のスペルにERがつく時期からかにのシーズンが始まるといわれています。
OCTOBER, NOVEMBER、DECEMBER.

早速食べてみましたが
美味!

P1050410.JPG
posted by 高津文美子 at 06:30| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

カウントダウン

クリスマスまでカウントダウン。

やっと我が家も家のライトをつけました。
P1050604.JPG

近所で我が家だけがライトをつけていなくて
ちょっと心苦しかったのですが、
これで一安心。

アメリカのクリスマスは日本のお正月みたいなものなのですが
クリスマスが終わるまでは
ばたばたと気ぜわしい日々が続きます。

そして「クリスマスショッピングは終わった?」
という会話があちこちから聞こえてきます。

我が家、ショッピングも終わってない・・・。
クリスマスカードも書き終わってない・・・。
そして、私のPCは最近調子悪くて
日本語使えない時があったり・・・。
どうする?!

ちょっとスローダウンして、ということかな
と思いながらも、やることは沢山あるのですが
あせっても仕方ないので
せっかくだから楽しみながら過ごそうと決めました。

ヨガのクラスに参加する人たちの人数も
少ない今日この頃。
みんな忙しいのね〜。

こんな時こそせめて夕食はゆっくりと。
夫が焼いたプライムリブ。
サンキュー!
P1050621.JPG
posted by 高津文美子 at 07:57| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

フェイシャルヨガ認定イントラさん!


前回の日本滞在で、素敵なご縁ができました

大阪のYUKARI先生は勿論のこと、
新しくフェイシャルヨガのイントラさんとして
認定した
広島のYUJI先生、
東京のTAEKO先生、
MOTOKO先生、YOSHIKO先生。

それぞれがヨガの先生であったり、
介護士さんであったり、
ピラテスの先生であったり、
ミュージシャンであったり、
また、「アジア大会優勝」という
素晴らしいバックグラウンドの
アルゼンチンタンゴの先生であったりと
多様なバックグラウンドを持つフェイシャルヨガの
イントラさんたち。

出会いに、本当に感謝しています。
そして、日本にどんどん、変な顔を、いや、
フェイシャルヨガを紹介してもらえることに
感謝、感謝、感激です。

さて、最近は朝、暖炉を入れてその前でヨガをするのが日課になりました。
P1050628.JPG

最近天気が今ひとつで、雨が降っていると散歩にいけず
退屈そうな娘。
ごめんね〜
P1050644.JPG


posted by 高津文美子 at 09:50| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

「え〜まだ一緒なの?」

私たちがまだベイビーと一緒に寝ている
という話をしたら、あるママ友からびっくりされました。

そう、我が家はカリフォルニアキングサイズ、という
巨大がベットに川の字になって寝ているのです。

このアメリカ人のママ友からしたら
「信じられない〜!」。
彼女の家ではベイビーが生まれて
6週間後には部屋を別にしていたとのこと。

母乳か、フォーミュラか
同じ部屋に寝るか別部屋か
いつから離乳食を始めるか等
それぞれ色々は考えや学説があるから
それぞれのファミリーが一番ベストだと思う
方針を尊重していくべきだと思うのです。

「〜したがいいよ」とか
「〜しないと駄目だよ」とアドバイスされると
正直、ほっておいて〜といいたくなるのです。

アメリカでも以前にうつ伏せねが推進されていたのに
今では突然死を防ぐために仰向けで寝せるように等
色々変わってきています。

なので自分がしっかりとした方針をもって
それを貫くことが大切だな、と感じる今日この頃。

このママ友は悪気はないというのは分かっているんだけどね〜。
posted by 高津文美子 at 23:57| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

パーティー続き

我が家の娘さん。

まだ生後8ヶ月だというのに
非常に忙しい12月を送っています。

お友達の誕生会に呼ばれたり
クリスマスパーティーに呼ばれたり。
ママはまるでお抱え運転手のよう。

先週のお誕生会。

家に入ったら
大きなポータブルのバウンサーが・・・。
P1050513.JPG

空気を入れて膨らませ
中で飛び跳ねることができ
とにかく子供たちに大人気。
P1050514.JPG

何しろバースデーといっても
主役の子は2歳。

髪の毛がピンクの子などもいて
とってもにぎやか。

みんな好きな時間にやってきて
好きな時間に帰っていくという
かなり自由なパーティーでした。

P1050508.JPG

私はエビフライが入った
お寿司を手土産に。
P1050503.JPG

クリスマスまで
こんな日々が続きそうです。



posted by 高津文美子 at 16:47| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

夢のステージ

夢幻の世界を体験してきました。
P1050442.JPG

馬と人との究極のパフォーマンス
「Cavalia」

P1050445.JPG

P1050450.JPG

鞍も手綱も付けていない
50頭以上の馬がステージに登場します。
そして、最小限の指示をだして
馬を操るパフォーマーたち。

そこにあるのは
馬とパフォーマーの絆、信頼。

観客の拍手、生演奏の音楽、舞台のライトなど
外部のノイズには全く気を取られることなく
馬たちは役を演じていました。

アクロバット的なシーンがあるかと思えば
バレーのような華麗なシーンも。

生演奏の音楽、
雪、雨そして華麗な照明。

サーカスともいえない
今までにみた舞台の概念を覆す。
ため息をつくほど美しい神秘的な世界。

まるで夢の中にいるような時間。

亡くなった義父と以前に行って感動した義母。
「言葉にならないの。とにかく経験して欲しい」
ということで義母から家族みんなへのプレゼント。

何しろ大家族なので
席も2列になっての総勢19名。

娘もしっかりと楽しんでいました。

それにしても、身体的、肉体的、精神的な進化には
終わりがない。

このショーをみて
改めてそう感じました。

日常の中での非日常な体験。
お勧めのショーです。
http://cavalia.net/index.aspx?lang=EN-CA
posted by 高津文美子 at 08:17| サンフランシスコ 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

Oh baby!

20年来のカナダ人の友人、BJから連絡があった。

「子供が産まれたよ〜」

BJにとって、第二子。
男の子だったらしい。
どちらの出産も薬は一切使わない完全自然分娩。

びっくりしたのが退院の早さ。
「今回はとっても楽だった。
ピーターが生まれて2時間半後には
病院退院してベイビーも私も家に帰ったの」

2時間半後??

別の友人夫婦、カイとエイミーにもベイビーがやってきた。
カイから「新月の次の日にベイビー産まれたよ。しかも、家のバスタブの中で」

病院で破水しても、しばらく産まれなかったので
家に帰って休んでいたら出てきたらしい!
エイミーにとっては第3子なので慣れたもの?

以前レストランで食事をしていたときに
とっても小さなベイビーを見つけたので
生後どのくらい経っているか聞いたら
「昨日夜産まれたの」との返事だった。

昨日夜産んで、次の日はレストランで食事できるの?

出産は病気ではないとは分かっているけど
祖先が騎馬民族の白人と、農耕民族の私では
回復力がやっぱり違う。

騎馬民族は子供を産んでもすぐにサバイバルのために
すっと移動できる状態でないといけないのかなあ?
などど、考えてしまいました。

ちなみに、私は娘は逆子だったので帝王切開。
完全自然分娩希望だったけど、ちょっと残念。
それでも3日目には「退院してもいいよ」といわれました。

結局4日間、病院にいたけど
他のママたちは産んだ次の日にはさっさと退院していました。

文化の違い?
DNAの違い?




posted by 高津文美子 at 23:58| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

出来るかな?!


「私に出来るかな〜」と思うような仕事の話を頂きました。

ベイビーが我が家にやってきて8ヶ月。
精神的にも、体力的にもエネルギーの余裕がなく
アメリカでの活動はお休みしていました。

自分の中で
「来年になったらアメリカでの活動開始」と
勝手にイメージしていたのでタイミング的にもGOOD。
そして、いざ仕事の話になると
気合も入ります。

色々仕事のことを考えながら
ジョシュのヨガのクラスへ。

ジョシュのクラスは最高に心地がよいので大好きなのです。
彼のちょっとシニカルなものの見方。
彼の音楽の趣味。
ちょっとだけチャレンジしないといけないポーズを
取り混ぜたクラス。
亡きフレーディー・マーキュリーを彷彿させるフェイス。

最近忙しくてヨガのクラスに集中できなかったのですが
この日は久しぶりに自分でも驚くほど集中。

ちょっとだけ生活にバランスが取れてきたんだ、
ということを実感しました。

嬉しい!

私の場合、身体と心のバランスが取れているかどうかは
ヨガのポーズにどれくらい集中出来るかで
一発で分かってしまいます。

ちなみにヨガのポーズに集中するために
「雑念を心の中から払おう」とすると
余計に色々と考えてしがち。

そんなときには
身体が触れている感覚に集中するといいですよ!

posted by 高津文美子 at 17:35| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

毎日新鮮

我が家の娘。
日本にいとこが5人
アメリカに7人いる。

そしていとこたちと時間を過ごすのが
大好きな様子。

成長は本当に不思議。
いとこたちと時間を過ごした後は
表情や言葉がいつもちょっとだけ大人になる。

あっという間にベイビーの時期を卒業するのだろうな
と思うと切なくて複雑。

卒乳をしたママ友だちから言われることは
「ベイビーの時代はあっという間に終わるから楽しんで」。

娘にとって初めての感謝祭やクリスマス。
「初めて」のことだらけ。
でも、考えたら私たちも毎日新しい一日をスタートさせて
その時間と空間は常に変化している。
2010年の12月1日は一度しか来ない。

当たり前になっていることを
当たり前ととらずに新鮮な気持ちで過ごせたら
きっと毎日はとてもサプライズにあふれているんだろうな。

義妹の家で、いとこたちに遊んでもらっている娘。
P1050455.JPG

P1050460.JPG

ママは楽でありがたい〜。
posted by 高津文美子 at 01:29| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

BFショッピング?

先週のことですが、ママ友から
「BFショッピングに行かない?」
とお誘いを受けました。

BF?
彼?

私も彼女も結婚しているし
しかも、子持ち。

???

すっかり忘れていましたが
Black Friday ショッピングのことでした!!

Black Fridayとはアメリカの感謝祭の翌日の金曜日のことで
クリスマス・セールが始まり、小売店が黒字になることからこう呼ばれます。

朝5時ごろ、いや、前日から徹夜で並ぶ人もいるこのセール。

私は出来ないなあ〜。

ちなみにCyber Mondayとは、感謝祭の翌週の月曜日のこと。
この日からオンラインショッピングにおける
ホリデーシーズンセールが開始されると
いわれているそうな。

その気にならないとショッピングはしない私ですが、
母の日のプレゼントに義母からもらったギフトカードがあったし
夫がベイビーを見てくれるということで行ってきました。

好きなブランド、ANTHROPOLOGIE
http://www.anthropologie.com

ゲットしたのはこれ。
P1050485.JPG

アイロンも必要なし
ドレスダウンも
ドレスアップもできるシンプルなスタイル
Vネック
7分袖
膝丈。

旅行に持って行くのにも最高の一着。

夫に見せたら
「似たようなドレス持ってるんじゃない?」と。

気がついたら10年程前に
カナダのケベックで購入したドレスとそっくり。
P1050486.JPG

う〜ん、でも好きなものは好きだから仕方ない。

このドレスもおそらく10年程着ることになると思う。
そうすると私は52歳。

52歳になってもさらりとこのドレスを着て
ダイヤのピアスとリップだけで
勝負できる大人の女性になりたいものです。







posted by 高津文美子 at 14:31| サンフランシスコ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。