2013年12月22日

2013年の総まとめ

2013年、なんとブログの更新が2回だけ。。。
あまりにも沢山の出来事があって、何から書いていいものか分からないけど
何か一つ、一年の大きなハイライトとしてあげるならば
娘を置いて義母と義妹達と4泊5日のモンタナへの旅だと思う。

しかもその後仕事でモンタナから直接ロサンジェルスに1泊2日で出かけたので
トータル5泊6日、夫と娘を置いて出かけたことになる。

初めはあまり考えずに即答で「行く!!」と参加表明したにもかかわらず
旅行が近くなるにつれてさすがの私も悩んだ。

たまりまくっている仕事はある。
夫と娘を長期間ほっておくことに覚える不安と罪悪感。

夫には数日前になって行かないことにしたと伝えた。
「行ってほしいし、リラックして楽しんで来てほしい」と言われたけど
結構旅行前にやることがたまっていてそれを片付けるのも億劫になってきた。

そんな中義母の一声で行くことが決定した。

「そうね〜、私が一つだけ後悔していることがあるとしたら、フィル(亡くなった義父)
に子供を預けて旅行にいかなかったことなの」
「子供と父親だけの時間ってとってもスペシャルなものだし、あなたが出かけることで
家族がみんなあなたにもっと感謝してくれるわよ。一緒に行きましょう」

「まさか、ふみこ、料理を1週間分作るつもりじゃないわよね!」
「たまにはほっておかないとだめよ!」
と義妹達から言われながらもここからが日本人としての私が出て来た。
家の掃除をして、料理を3食分 X 5日分。

正直旅行に行く前に、くたくた。。。。。

が、朝の3時前に義妹達と車に乗り込んで出発したらそんな疲れも吹っ飛んでしまい。。。。。

ああ、シングルって最高〜。

毎朝ヨガのクラスに出かけて、時には一日2回ヨガのクラスに行き
温泉に浸かって、夜はまったり義妹達とフェイシャルをしたり
バーに出かけたり。。。。

最高〜。

夫と娘は
「寂しいよ〜」
と電話を毎日最低一度は(時に2度!?)かけてきたにもかかわらず、
毎日友人宅に夕食ごちそうになりに行ったり
レストランに行ったり、
近所の94歳のフランおばあちゃんの家に行ったり、
たっぷりと二人の時間を楽しんだ様子。

なあんだ、これでいいんだ。
母だから、妻だからって別に気合いをいれる必要はないじゃない!?
とっても肩の荷がおりてなにかが軽くなった私。

今まで仲がよかった義妹たちだけど、
24時間5日間生活を共にしてまた仲が良くなった気がする。
家族の暖かさ、そして普段の生活の中にある楽しさを再確認した旅になった。
いいことづくしかも?

来年も義母、義妹たちとモンタナに行く予定。

今からワクワク楽しみ。

義妹達
photo.JPG
温泉
IMG_20131009_150248_135.jpg

本物のカーボーイ
IMG_20131009_125845_685.jpg

モンタナの家からみえる景色
IMG_20131009_085119_117.jpg

2013年12月07日

最近の私。ご無沙汰しております。

「今日こそは。。。」
と思いながら気がついてみたら最後の投稿は2012年の6月。
あまりにも日々超高速で走っていたらこうなってしまった。

朝起きて、ラジオ体操して(これって素晴らしい日本の文化と再確認)
太陽を拝んで、お湯を飲んで、夫と娘の弁当をつくって
ヨガをして、仕事をして、娘を学校に迎えに行って
。。。。。あっという間に一日が流れていく日々。

日本からアメリカに移って来た時には
フェイシャルヨガは引退する予定だったんだけど
結局アメリカでも再開。

変な顔やその効果効能を考えている時に幸せを感じるのだから
この仕事、やっぱり好きなんだと思う。

ネット上で展開している英語のフェイシャルヨガは
世界70カ国もの人たちが実践してくれていて
とっても嬉しいのだけれども
日本の生徒さんと違い
要求が多かったり
質問が凄かったりで
文化の違いを感じる日々も多々。

「歯がまっすぐなるフェイシャルヨガポーズは?」
「目の色が変わるフェイシャルヨガポーズは?」
「爪の形が綺麗になるフェイシャルヨガは?」
????
こんなリクエストは序の口。
ここには書けないようなリクエストもあって
私も余裕がある時には「ほお〜」と笑って対応してるけど
時には堪忍してくださいよ〜と言いたくもなる。

フェイシャルヨガといえば日本では認定講師の先生達が活躍中。
12月には今年最後のティーチャートレーニングがあるので
興味のあるかたは是非!

http://www.yoga-gene.com/workshop/13031.html

アメリカはまさにホリデーシーズン真っ只中。
どうやって乗り切ろうか、思案中。

これからこのブログも
せめて週に一度はアップしたいなあ〜
posted by 高津文美子 at 07:55| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。