2009年04月06日

筋肉の違い

アメリカ人と、日本人の顔の動きは本当に違う。

だから、同じフェイシャルヨガの
テクニックが使えない場合も多々。

とにかくみんなの顔は動く、動く。

「そこを動かさないでもいいよ」といっても動く。

なので、日本では「ここを動かして!」という指示も
こちらで教える場合は、
「ここを動かさないで!」という指示になる。

DNAは完全にアジア人でも、
英語しか話すことが出来ない日系4世の
人達の顔をみたら、顔がやっぱり違う。

使っている脳みそも違う気がするし、
英語を話しているときと、日本語を話しているときの
自分の性格も違う。

まだ言葉を話さない日本の甥っ子と、
アメリカの甥っ子を見えていたら
同じような表情をしてる。

顔の筋肉は言葉によって、文化によって
発達していくんだ、と実感。

英語の教師をしていたときに
発音練習を生徒にさせるよりも
フェイシャルヨガをさせたほうが
効果があったような気が最近する。

英語を勉強している人に
ぜひ、フェイシャルヨガを勧めたい。

まずは、手始めに映画を見ながら
俳優さんたちの顔の表情をまねてみては?

fu_march_yoga_002 (2).jpg
「は〜い、こっち向いて」

Fu_March_yoga_007 (2).JPG
「ここは、動かさないで!」

てな感じです。



posted by 高津文美子 at 08:03| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。