2009年11月17日

あたり前にならないために

我が家は私が料理担当で、
だんな様が掃除
庭の手入れ
ごみだし
その他云々を担当。

で、料理担当の私にかわって
だんな様が作ってくれたメキシカンな夕食。

以前の私なら
「あれをこうして、これもこうやって」と
キッチンに入ってつい余計な口を出していたけど
何も言わず完全に任せてみた。

「え〜たまねぎはそうやって切るの?!
「そんなにそれを使うの〜」
なんて口が滑りそうになったけど
ぐっと我慢してじっと座ってみていた。

出来上がったものは、
超美味しかった〜。
メキシカン.jpg

で、思った。
何か任せるというときは、
100%任せたがいいんだと。

誰だって
「ああだ、こうだ」って
言われたら嫌だしね。

任せて、感謝したらそれだけでいいときもあるんだと。

次の日郵便受けに私宛の手紙が届いた。

「意識して毎日に感謝して
当たり前にならないようにしているけど
時々こうやってあらためて感謝と愛を送ります。
云々・・・」

だんな様からの手紙だった。

ありがたいねえ〜(涙)

私は自分を振りかえってちょっと反省した。
生活が当たり前になっていないか。
最近ちゃんとおしゃれしているか。
ヨガウェアのまま一日中過ごしていないか。
だらだらしてないか。
ちゃんと顔を見て笑顔で返事しているか。

次の日、ちょっとおしゃれをして
ちゃんとメイクをしてみた。

やっぱり気分が変る。
外に出ても、人の対応が変る。
「ノーメイクでいいよ」なんていつも言ってるけど
やっぱりだんな様も嬉しそう。
メイクぐらいでこんなにいろいろ生活、人生
変るならお安いもの。

家族だからこそ
あたりまえにならないようにしたい。

これがなかなか時々意識しないとねえ。




posted by 高津文美子 at 07:42| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。