2010年02月04日

中年の危機?

うちのダーリン君が18歳から友達のトニーがいきなり電話をかけてきた。

「1時間ぐらいして、家に遊びにいっていいかな?」

予定が詰まっていた私たちだったので、「お茶ぐらいならいいけど・・・」ということでOKをした。

1時間後、ハーレーディビットソンにのってトニー参上。
tony2 (2).jpg

このでっかいバイク、私もうちのダーリン君も別に心惹かれないし
トニーの奥さんも興味ないのだが、トニーは心底ほれ込んでいる様子。

「これに乗っていると、すべて忘れて瞬間を生きていることを感じるんだ」
「妻を後ろに乗せて走りたいけど、彼女は一度だけ乗ってその後は乗ってくれないんだ」
と、トニー君。

「いつからバイクに興味あったの?」と問う私に、
「ずっと前から。でも、高いから手がなかなか出なかった。やっと手に入ったんだ」とまるで、初恋の相手との恋が実ったみたいなニコニコ笑顔で嬉しそうに語るトニー。
tony (2).jpg

その後しばらく話した後、大きな音を立てて走り去っていきました。

うちのダーリン君とその姿を見送りながら、「midlife crisis」(中年の危機・・・)と、ポツリと口が滑った私。

中年の危機といえば、40代を超えた友人たちが(特に男性)「昔からやりたかったんだ」「ずっと手に入れたかったんだ」といいながらおもちゃを(ごめんなさい・・・)手に入れている様子がとっても可愛いけど、おかしくて。

ちなみに知り合いの旦那様、急におもちゃの電車を集めだしたらしい。
「線路も本格的に作って、もう何がなんだか・・・」と知り合い苦笑い。
「可愛いじゃない?」というと、「あのね〜、電車の線路を作るために一部屋つぶしたのよ。それに、ビックリするほど高いのよ。おもちゃだと思ってバカにできないわ」とのこと。

まあね、自分のお小遣い範囲で買えるならいいんじゃないかな、とも思うけど。

女性が「エステ」「ダイエット」「ショッピング」と、駆け回るのとなんら変わりない気もするけど、電車とか、バイクとか「おもちゃ」見てたらなんか可愛いと思いませんか?

ちなみにうちのダーリン君、金属探知機を一昨年購入しました。「ずっと子供の頃から欲しかったんだ」とのこと。

これもやっぱり中年の危機なのかも・・・。

私が欲しいものは、物ではありません。私の周りの女性の友人たちも「物が欲しい」といってる人はあまりいません。これは女性と男性の違いなのでしょうか?


posted by 高津文美子 at 05:26| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。