2010年03月04日

我が家の場合:ダーリンと私

理系の夫と、感覚で生きてる私。

7年間友人関係でいたときにはわからなかった色々なお互いの性格が
結婚したら、見えてくる今日この頃。

「おお、わが夫、すばらしいねえ」と思い惚れ直す部分と
「あ〜あ、そんなのどうでもいいんじゃない」と思う部分、
やっぱりありますよお〜。

「恋愛中は両目を開いて、結婚したら片目をつぶって相手をみる」という話、確かに。

今、家庭菜園にこっている夫はまずはネットや本で色々と調べまくり
「土のphレベルが云々」「土壌の質が云々」と私に説明してくれる。

感覚派の私は、「へえ、そうなんだ〜」と返事はしながらも
「まず色々植えてみてどれが育つかどうか、様子見たらいいじゃない?」「ああ、そんなにいちいち深く調べるのなんて面倒、面倒」
というのが本音(ごめんよ、ダーリン)

「ベリー類は土を酸性にしたがいい。そのためには松葉がいいらしい」と熱く語るダーリンに「またはじまったなあ〜」と半分聞こえない振りをして生返事をする私。

ごめんよ、ダーリン。でも、私は感覚で生きてるから土壌が酸性とかアルカリ性とかあまり興味ないのよ。私が興味あるのは、収穫された物。
きわめて現実的。

でも、嬉々として楽しそうにしている彼には言えずに、思い立ったように「公園に松葉を拾いに行こう!」と提案した私。いつもの散歩道に松の木があったのを思い出したのです。

で、満月の夜、二人で袋をもって公園に行き松葉を集めることにしました。ぱっと見た目には怪しい二人。でも、公園清掃にもなるし、なんか得した気分でルンルンで帰宅。
満月が美しかったなあ。

家に着いて拾った松葉を愛おしそうに袋から出している夫を横目で眺めながらヨガをする私。お互いにとっても至福な時間。

がんばれダーリン!夏にはたくさんの野菜と果物が家庭菜園で採れるのを期待してるよ!


posted by 高津文美子 at 15:31| サンフランシスコ ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松葉を公園で集めるお二人のすがたは、まるで何十年も連れ添ったご夫婦のようで、いいですねえ。静かな愛を感じます。
Posted by 猫シッター at 2010年03月05日 04:19
あらあ すてきなカップル!
理系の男性、好きですよ。なぜか男らしさを感じます。
Posted by すけきよ at 2010年03月05日 05:35
そのうち両目をつぶるようになります。
・・・・・ちょっと脅かしちゃいました?
ちなみに最近 私は両目をつぶる回数が増えてきたような、、、、
10年も経つと そういう時期もありますよ、、ね????
Posted by Akiko at 2010年03月05日 05:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。