2010年08月23日

I love you の理由

久しぶりにゆっくりと義母を話をした。

結婚について
家族について
人生について
と深い話になった。

去年亡くなった義父は健康そのものだった。
義母も亡くなった義父も、そしてその他の
家族みんな、先に亡くなるのは義母だと思っていた。

人生、何が起こるかわからない。
いつ、どうなるのか誰もわからない。
だから、電話を切る前には必ず
I LOVE YOUをいうの。
それが我が家の習慣なの
と、義母。

今まで夫も頻繁に 
I LOVE YOU
と言っていた。
私はどちらかというと
LOVEの安売りはしたくないから
I LOVE チョコレート
と同じような感覚で頻繁に使いたくない、
と夫には言っていた。

だから本当にそう感じたときにしか言わないから
と、言ってきた。

でも、義母の話を聞いて
I LOVE YOU
に対しての感じ方が変わった。

もう、2度と会えないかもしれない。
明日はどうなるのか分からない。
もったいぶらないで
もっともっと気持ちは伝えたい。

日本の家族にも。
周りの人たちにも。
日本語で
I LOVE YOU
はピント来ないから
せめて
いつもありがとうと伝えたい。



posted by 高津文美子 at 23:41| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。