2010年12月13日

「え〜まだ一緒なの?」

私たちがまだベイビーと一緒に寝ている
という話をしたら、あるママ友からびっくりされました。

そう、我が家はカリフォルニアキングサイズ、という
巨大がベットに川の字になって寝ているのです。

このアメリカ人のママ友からしたら
「信じられない〜!」。
彼女の家ではベイビーが生まれて
6週間後には部屋を別にしていたとのこと。

母乳か、フォーミュラか
同じ部屋に寝るか別部屋か
いつから離乳食を始めるか等
それぞれ色々は考えや学説があるから
それぞれのファミリーが一番ベストだと思う
方針を尊重していくべきだと思うのです。

「〜したがいいよ」とか
「〜しないと駄目だよ」とアドバイスされると
正直、ほっておいて〜といいたくなるのです。

アメリカでも以前にうつ伏せねが推進されていたのに
今では突然死を防ぐために仰向けで寝せるように等
色々変わってきています。

なので自分がしっかりとした方針をもって
それを貫くことが大切だな、と感じる今日この頃。

このママ友は悪気はないというのは分かっているんだけどね〜。


posted by 高津文美子 at 23:57| サンフランシスコ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急にシンシンと冷え込んできた日本です。。。

アメリカでは・・・離れること全てが早い!!!
っと、子育て中よく耳にしましたが・・・

本当なんですねぇ〜!

日本式???とアメリカ式???
良いところを取り入れて子育てできる
高津先生が、うらやましく頼もしくです♪

Posted by TAEKO♪ at 2010年12月14日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。