2011年02月16日

最後だとわかっていたなら

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂をまもってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのをみるのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」とわたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら
わたしは 今日 どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして わたしたちは 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたらあなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとした時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげれなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していることを
いつまでも いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

・・・・・・・By Norma Cornett Marek ・訳 佐川睦

わたしのバイブル。
ベットサイドテーブルの上において
常に意識するようにしている詩。

簡単なようで難しい。

時に単調な毎日の日常を
きらきらとして非日常の感謝の気持ちと愛に
あふれさせてくれる詩。

今日、義弟のお母さんが亡くなった。
生まれてくるのは奇跡。
生きていることはそれだけで宝物。

なかなか会えない日本の両親や弟家族
生活を共にして時に空気のような存在の夫
まだまだ手がかかる娘

仕事関係の人たち 友人たち

ありがとう。



posted by 高津文美子 at 14:26| サンフランシスコ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あたりまえ、ぢゃなくなって、初めて実感するあたりまえの素晴らしさ。。。タイミング的に、ちょうど心にささり、涙がでました。
Posted by motoko at 2011年02月16日 23:19
motokoさん

コメントありがとうございます!

あたりまえって、気づかないものですよねえ〜。

分かっているけど忙しさにかまけてついつい・・・。そんな日々を反省しています!
Posted by 高津 at 2011年02月18日 00:03
この本、ちらっと見せていただいただけですが、いきなりグワっと来ました。

本当にそのように生きて行きたい。
一瞬一瞬が濃くなり、喜びと感謝に満ちあふれるだろうって。

ありがとう☆
Posted by masayo at 2011年02月20日 05:14
masayoちゃん

本当、これはお勧めの詩ですよねえ!
当たり前なものって本当は何もないんだと思う。すべてがスペシャルでマジック。
Posted by 高津文美子 at 2011年02月20日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。