2011年03月24日

さまざまな想い

日本の災害地の方のことを考えると
心が痛みます。

そして、ブログの更新がずっと出来ずにいました。

理由は沢山あるのですが・・・。

日本のニュースにかなり動揺していました。
私の周りのアメリカ人の友人や
家族たちも毎日固唾を呑んで日本のニュースを
追っていました。

いまだに電話、メールで
「日本のために祈っている」
「これ以上災害が広がらないことを祈っている」
「必要なことがあったら教えてほしい」
と沢山の連絡をもらっています。
義理の母が毎日通っている教会でも
日本のためにみんなが祈っているということ。

こんなに日本が愛されているとは
こんなにも日本人が愛されているとは
いままで知りませんでした。

そして、この状況のなかで
自分の気持ちをどう言葉にしていいのか
どう行動していいのか
何が出来るのか
ずっと考えていました。

沢山の情報が流れてくる中で
自分の軸がぶれないように
一番自分らしいサポートが出来るように
出来るだけ地に足をつけて行動できるようにと
考えていました。

まだ連絡が取れていない友人
家族が災害にあった友人
知らせを聞くたび
本当に心が張り裂けそうになります。

そんな中でも朝はやってきます。

地震後、心配してすぐに電話をくれた友人スーザン。
4人目の子供を妊娠したという
嬉しいニュースを同時に届けてくれました。

こんなときだから余計に嬉しかった。

そして、
娘は1歳の誕生日を迎えました。

日本人の友人が数名
遊びに来てくれました。

ありがとう。

Life Goes On.

「こんなときだからこそ、毎日を大切に生きないと」
という言葉をもらって、我に返りました。

We pray for Japan.
日本のために、みんな祈っています。



posted by 高津文美子 at 15:42| サンフランシスコ ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お嬢ちゃまの1歳のお誕生日おめでとうございます♪
こんな時に、子供が笑顔でいてくれるだけで心が和みますね。


日本では、連日悲惨な被災地の情報を見聞きする事で 心や体に影響が出ている方も多く、「元気な人は、出来るだけ今までどおりに生活をしましょう」と、ネットでも呼びかけています。

海外からの多くの支援やメディアの報道を見て、初めて日本人に生まれた事を誇りに持った方も多いと思います。

私も、自分のペースで出来る事を続けて行きたいと思います。そして、毎日を大切にして行きます!!
Posted by YUKARI at 2011年03月25日 09:16
地震の翌日もいつもの様に朝日が深紅色に昇ってきて、やがてオレンジ色〜黄色になり眩しく大空を照らし始めました。それを見た時何とも言えない感慨が…平和な空も悲惨な空も同時に照らしてる。悲しい状況にいても必ず明るい空に繋がってる。だから信じて待とう!自分に出来ることを少しずつでもやりながら…上手く表現できないけど大丈夫exclamation×2って思えた朝でした。
Posted by 岡本弘江 at 2011年03月29日 06:34
YUKARI先生
アメリカの友人たちからも、日本人の気質、強さなどをたたえられています。
「初めて日本の文化を理解できた気がする」という友人もいました。
まだこれから大変な時期がつづくかもしれませんが、きっと日本は大丈夫。
日本人は大丈夫と思っています。
Posted by 高津文美子 at 2011年04月01日 00:51
岡本さん
そうですよね。どんな夜も必ず明ける。
寒い冬の後には春がくる。
朝日をみると、毎日心が洗われます。
夕日を見ると、生きていることに感動をします。毎日は変化の連続。
1秒前は過去。1秒後は未来。何も約束はないけどこの瞬間を精一杯生きることがすべて、と思う今日この頃です。
Posted by 高津文美子 at 2011年04月01日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。