2011年06月07日

Oh BABY!

大阪でフェイシャルヨガクラス、ワークショップ後
「アメリカと日本の子育ての違い」についてのお話ということで
保育士さん対象の講演会に行ってきました。

娘と夫も参加。

保育士さんたちに囲まれ
緊張したのか固まってしまった娘。
が、そこにあった赤ちゃんの人形をみて
「Baby, Baby, Baby」
とはっきりと10回ほど口にしていました。
夫はかなり興奮。

自分よりも小さなものは彼女にとって「BABY」
に見えるようです。

大阪在住のいとこたちとも半年振りに再会をした娘。
日本語で容赦なく話しかけてくる3人のいとこたち。
楽しそうに遊んでいました。

もっと時間を一緒に過ごせば
日本語を覚えてくれるかな。

ヨガのクラスを行っている間
夫が娘を公園に連れて行ってくれました。
子供をつれている男性は夫だけで
ちょっと恥ずかしかったらしい!?

P1070560.JPG

P1070569.JPG

日本の人のやさしさ、食べ物の美味しさに
改めて感動しまくっている夫。
アイラブジャパン。
私にとっても自慢の国、文化です。





posted by 高津文美子 at 23:56| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高津さんとのコンタクトは、メールよりもこちらの方が良いみたい・・・(笑)
日本で過ごした親子三人の時間は有意義なものだったみたいですね。
私の娘も今年で11才。今では良き私の理解者であり親衛隊です。
「あっ」という間の10年です!
大切に生きて下さいね。

日本は独特な生活感性をもっている国・・・
のような感じを私は持っています。

次世代を担う子供たちは国境を自分の意思で
踏み込んでいく必要がある時代でしょうね。

では、またお会いできる日を楽しみにしています。

お仕事お疲れ様でした。


Posted by Y.Matsushima at 2011年06月13日 12:28
松島さん、

夫は昨日帰国しました。
私と娘はまだ日本です〜。

私一人で日本に住んでいたときに見た日本と
アメリカから帰ってきて感じる日本、
そして夫と娘と一緒に見る日本はそれぞれ視点が違い面白いです。

当たり前に感じていることが夫の目には不思議に映ったり、日本のことをうまく説明できない自分がもどかしかったり。

ある意味カルチャーショックです。

また今度お会いできる日まで。。。
Posted by 高津文美子 at 2011年06月13日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。