2012年05月23日

オーカス島2

オーカス島第二弾。

旅の醍醐味は非日常な時間を体験する事だと思っている私。
オーカス島に行くまでにはシアトルの飛行場から
車で1時間半ほど走り、その後またフェリーで1時間半ほど。
面倒ではあるのだけど、「フェリーに乗る」
という交通手段が非日常感をより際立たせてくれるのが素敵。
IMG_4020.JPG

Orcas8

車で乗り込み、そのまま点々とする小さな島を眺めながら
のんびりと進むフェリーに乗っているお客さんは少なめ。
「こんな数のお客でビジネス大丈夫?」と余計な心配をしたくなるほど。
でも、このがらんとしたフェリーの空間が心地よくて
私の中の旅行モードは完全にONの状態。

着いた島は建物も自然と共存しているようなのんびりとした空気に溢れていました。
滞在先のホテルはここ。http://www.outlookinn.com/
IMG_4068.JPG

目の前は海で、のんびりと時間はストップしているような感じ。
私は大きなホテルよりもユニークなB&Bなどが好きなので大満足!
嬉しいな〜
IMG_4072.JPG

街中のお店もそれぞれ個性豊か。
所々色使いにカナダのネイティブ文化を感じる町中。
Orcas2

滞在中食事をしたレストランは
リッチな芸術家達の隠れリゾートだけあって
料理は全て見た目も味も満足。
普通の家に見えるようなところがレストランだったり
http://www.innatshipbay.blogspot.com/
車でずっと行ってなんのサインもないところに
農場の中にあり、結婚式など
特別な時にしかオープンしないレストランがあったり。
http://redrabbitfarm.com/
今までで食べたラビオリの中で最高のラビオリを出してくれた
レストランはここ。
http://dinneratsazio.com/

私の胃袋は満足しっぱなし。
Orcas24

Orcas20

Orcas5

orcas1

当たり前だけど、アメリカって広いということを
再確認しました。
カリフォルニアのあっけらかんとした雰囲気も大好きだけど
しっとりしたこの島のカルチャーも素敵。

日本人がほとんど行かないこの島ですが、
今回のツアーは島の新聞に載ったりしたらしく
島中の人たちがとっても親切でした。

歩いていたら
「あなた日本人20人のうちの一人?」と
声をかけられたり
「昨日子どもを抱きながら通訳をしてた人だよね」と
通りがかりの車を運転する人からわざわざ話しかけられたり。

みんな優しい〜。

休憩中、桐島ノエルちゃんと海の真ん前のレストランに入り
スパークリングワインでぼんやり。
P1090645.JPG

P1090649.JPG

目の前が海のレストランでは
夕日を眺めながら反対に登ってくる満月を眺めたり。
P1090636.JPG

生きてるってすごいことだと
思える瞬間を沢山味わいました。

次は食べ物編アップの予定です〜

今回の気づき=人生は旅

posted by 高津文美子 at 07:08| サンフランシスコ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271136489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。