2012年06月21日

アメリカの美容整形事情

最近アメリカ人を相手にフェイシャルヨガのワークを行うことが多いのですが
結構ショッキングなことに気がつきました。

それは意外な人でも美容整形をしているということ。
そして、整形している事を隠さずに,どちらかと言えば
自慢げに話してくれるということ。
「私なんか作ってる部分が沢山よ〜」と
ストレートに言われると気持ちいい!
言い返す言葉もなかったりします。

60代の女性でも胸を大きくする手術をしたり
20代の女性でも額にシワをとるためのボトックスの注射をしていたり。
お腹のたるんだ皮膚を縫い合わせたり。

胸に関してはお腹のお肉を胸にいれたり、食塩水をいれたり、
シリコンをいれたり、と色々とやり方はあるようですが
20代で食塩水を胸にいれたという女性二人は30代になって
それが垂れてきたので今度は食塩水を抜く手術をしたいとか。。。

顔のリフトアップも「いますぐに効果が欲しい」という人が多いかな?

びっくりしたのは友人でもあるフェイシャルヨガ体験者20代の女性。
「ごめんなさい、ふみこがすごく嫌がる事をしたの」
という連絡があったのでその内容を聞いてみると。。。
あごの肉をとる脂肪吸引の手術をしたとのこと。
で、数日後彼女にあってびっくりしたのは
ぐるぐる巻きに首に巻かれたスカーフと
腫れた顔。
そして、胸まで紫色に変化した肌。
完全にもとに戻るまで数ヶ月から半年かかるかもといわれ
ちょっとめげ気味の彼女。
「フェイシャルヨガでも直せると思ったけど
すぐに結果がみたくてやちゃった!」とのことでした。
費用はなんと40万円なり。
半年間元に戻らないならフェイシャルヨガでも
直せるのに〜と正直に思ったけどなあ。

先週末のフェイシャルヨガのワークショップでは
初めてあった生徒さんが
「私、顔をリフトアップとフィリングをしてシワをなくしたいと思ってるんです!」
と私に会うなりコメント。
「周りの友人もみんな美容整形しているし」と。
まだ36歳の彼女ですがもったいない気がするなあ〜
でも、フェイシャルヨガを頑張ってみるとのことで
ビフォー写真も撮りました!
8月のアフター写真が楽しみです。

結果が待てない人が多い国民性なのか
美容整形にたいして違和感がないのかもしれないなと感じます。

臓器ドナーに登録している人がアメリカでは多いのも
身体に関する意識が日本人と違うのかも。
ちなみに、臓器ドナーはアメリカ人でもアジア系の臓器ドナーは
白人と比べると少ないらしいです。
これは亡くなった後の身体に対しての意識が違うのかも?

写真はワークショプの後に準備されていたクリスピークリーム
のドーナッツ。さすがアメリカ人。
これじゃあせっかくの。。。と思うけど。
クリスピークリーム、誕生して75年らしいです。
ファンの人も多いけど個人的には??

2012-06-16_11-38-10_564.jpg

今日の要注意:一度どこかを整形するとストップできないらしい。

posted by 高津文美子 at 09:41| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメント致します。失礼かと悩みましたが、質問させて下さい!右の顔が垂れて老け顔になっています。左右対称でないです(とくに口)何をすれば効果的ですか?右だけすれば効果的ですか?フグの顔やビッグスマイルのポーズはよくするのですが。
Posted by つなこ at 2012年10月16日 20:31


専任の営業擬似オブジェクト事業"同じ材料に基づいており、本物のアール
模倣で作られたハート、暖かい、安いUGGのような専門家に加えて、区別されないことがあります。私たちを与えることができる
電子メールを書いて、私たちはあなたに連絡します
品質第一、百パーセント保証します。
Posted by UGG 激安 at 2012年11月20日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。